本日は晴天なり

本日のウトロは晴天!!

雲一つ無い景色が昼間は広がっていました。

やっぱりこの時期の知床五湖は森の新緑と山々の残雪が美しい。
ヒグマとの遭遇による閉鎖も無く、素晴らしい景色を楽しめました!

でも、暑かった…
今日の最高気温は25,5℃。

21日は最高気温が10℃の予報。
その頃お越しの方は暖かな服装の準備も忘れずに!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

今日の知床

今日のウトロの最高気温は20,1℃。20時現在の気温は14,6℃。
午前は青空が広がっていましたが、午後からは曇り空。

過ごすには気持ちの良い気温でした。
そろそろ蚊にとっても過ごしやすい気温帯になりそうです。

知床五湖では蚊の目撃が増えてきました。
散策の際は長袖、長ズボンがおすすめです。
お越しの際の服装については弊社HPもご確認ください。

知床ネイチャーオフィス
柴田

セミが鳴く

エゾヤマザクラのピンクと花粉の黄色が綺麗な今この頃。

昨日花粉がいっぱい飛んだようで、湖の水面は黄色く色づいている部分が…
春らしく?なりましたね。

知床五湖の遊歩道ではエゾハルゼミの抜け殻も。
まだ数は少ないですが、鳴き声も聞こえてきました。
これから賑やかになるかなー

知床ネイチャーオフィス
柴田

新緑

一気に新緑の進むウトロ。

フレペの滝遊歩道の草原部では、ハンゴンソウやワラビが出始めました。
木々も新緑で彩られ、季節が夏へと変わってきたことを感じます。

知床五湖の森も新緑が目立ってきました。
場所によってはまだエゾヤマザクラの花を楽しむことができます。
新緑と残雪が美しい季節です。

さて、先日藤原が「低緯度オーロラ」をブログであげていましたね。
私も観察しましたが、肉眼での観察は残念ながら出来ませんでした。
でも、暗闇を撮影するとあら不思議。

ちょうどピークだったのか、空全体が赤く色づいていました。
スマホの撮影でこのレベル。

ピーク?を過ぎた低緯度オーロラをバックに妻と記念撮影。
最近のスマホはすごいなぁ……

でも、一眼カメラならもっと綺麗に撮影できたことでしょう。
ちゃんと用意しておけば良かったです。

まぁ、また機会はあるでしょう。

知床ネイチャーオフィス
柴田

低緯度オーロラ

藤原です

先日
日本の一部の地域で非常に珍しい天体現象が観測されましたね
観測されたのは「低緯度オーロラ」というものですが
その名の通り低緯度帯でオーロラが観測されました

オーロラは通常北緯60度より高緯度帯で観測されるものだそうですが
今回は11日夜に北海道から北陸周辺にかけて観測されたようです
弊社のオフィス前からも観測できましたよ

オフィス前で観測されたオーロラ 左の白いものは月です

オフィス前からは北の方角の空にオーロラが観測され
肉眼での観測は厳しかったのですが
スマホや一眼カメラのように長時間露光可能な機材によっては
上の写真のように撮影することができました

写真では看板の上あたりの空が赤くなっておりますが
これが低緯度オーロラです

北海道では昨年の12月1日にも
オーロラが観測されたという記事がありましたね

どうして今 低緯度帯でオーロラが観測されているのか
これには太陽の活動が大きく関係しているようですね
太陽は11年周期でその活動に変動があり
太陽活動の極大期周辺の数年間に
低緯度オーロラは発生しやすいとのこと

となれば今回見られなかった方も
まだチャンスがあるかもしれませんね

私も今回は日程の都合が合わず満足のいく写真が撮れなかったので
また次回チャンスがあればばっちり写真におさめて
ブログに投稿したいと思います

知床ネイチャーオフィス
藤原

大掃除

藤原です

今年もやってきました
春の大掃除!

シーズンが本格化する前に
事務所の模様替えを兼ねて掃除をしました

床も綺麗にワックスがけをしてスッキリ!

ワックスがけ前の事務所 一生懸命に働く先輩スタッフ井上とスタッフ佐々木
みんなで使った玄関マットを高圧洗浄機で綺麗にする弊社のボス
ワックスがけ後の床の上で横たわるスタッフ柴田

以前ブログであげた柴田の笑顔に関して
充分に足りているとのお声がありましたので
今回は笑顔ではありません(笑)
また皆さんが欲しがっている頃に柴田の笑顔をお届けします

掃除の合間のお昼ご飯では
みんなで「くまのや」さんへ行き仲良く昼食

我が社のボスに一番お金を遣わせてしまったのが
私藤原なのはここだけの話・・・
ボスありがとうございます!!ごちそうさまです

「くまのや」さんの特製荒磯丼 絶品でした!

大掃除もおおかた終え
これからのシーズンへ向け改めて心も引き締まりました

さあ今年度も頑張りますよ

知床ネイチャーオフィス
藤原

黄色い足

川の真ん中にある岩の上に黄色い足の鳥がいました。

春に東南アジア以南からやってくるキアシシギ。

サケの稚魚を狙っているのでしょう。
川面をジッと見つめていたように見えました。

鳥の種類によって足の色が違って面白いです。
足の色が名前の由来になっている鳥はそこそこいます。
是非、鳥を観察するときは足の色にも注目してみてください。

知床ネイチャーオフィス
柴田

きらきら

昨日は低温で霧だったウトロ。
少し標高の高い所は霧氷になっていました。

きらきら輝く氷。
気温の上昇と共に木の枝から落ちて来る大量の氷。
それが高さ20mはある木々から降って来るものですから、
当たった箇所はグーパンチで殴られたような痛み。

なかなかお目にかかれない霧氷。
せっかくなので「氷だるま」を作りました。
雪だるまとは違い、透ける感じが綺麗ですね。

今年は雪解けが早く、標高の高いエリアの行者ニンニクも葉が出てました。

なんだかうじゃっと群生している箇所を見つけたので、来年が楽しみ!

とりあえず、今日はコゴミを食す!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

雪が増えた

(4月26日に開通したばかりの時の知床峠)

昨日は気温が低く、知床横断道路は開通しませんでした。
今日は開通したので、知床峠へ行ってみると

(5月5日の知床峠)

4月26日に開通した時よりも、雪が増えている!

まだ5月は始まったばかり。
標高の高いところはまだ積もるかもしれませんね。

知床ネイチャーオフィス
柴田

進む雪融け

低地ではエゾヤマザクラがどんどん見頃を迎えていますが、
羅臼湖周辺はまだまだ雪景色です。

雪景色といっても、大分雪融けは進みました。
先日のブログと違って、羅臼湖は湖面がほぼ融けました。

雪の下を川が流れている場所では雪面の陥没が目立ちます。

これもこれで綺麗な景色。
いつまでスノーシューを使って歩けるかなぁ…

知床ネイチャーオフィス
柴田