知床の原生林の春

 今月上旬の原生林の様子です。例年だと標高300m付近はまだまだ雪深く、スノーシューが必要な場所ですが、今年は、冬の少雪の影響ですでに雪が融けてなくなっていました。原生林内を走る「枯れ沢」も6月中旬まで流れがあるはずが、すでに枯れ。7月中旬まで水がある沼も干上がってしまっていました。ここで暮らすエゾサンショウウオやエゾアカガエルにとっては、産卵場所を失っているため大きな影響が出ているのではないでしょうか?逆に沼の中に点在して生育しているヤチダモはしっかりと種子を落とし、たくさんの稚樹を育んでいました。春に水のない沼からの羅臼岳の景色は、なかなか見ることができないので、ラッキーでした。



知床ネイチャーオフィス
藤川

知床のミズバショウ

 ちょうどゴールデンウィークにあたる4月下旬から5月上旬にかけて雪解けが進んだ湿地帯では、ミズバショウが見ごろを迎えています。ミズバショウというと尾瀬を思い浮かべる方が多いかと思いますが、知床にも大規模な群落がいくつかあります。現在は新型コロナウイルスの影響で閉鎖している知床五湖もミズバショウがたくさん咲く場所です。(今回撮影したところは別の場所)そろそろ、知床にも桜前線がやってきます。本格的な春を迎えます。



知床ネイチャーオフィス
藤川

ウトロから大雪山系

 数日前に撮影した動画です。冬から春にかけて気温が低く、大気が澄んでいる日にウトロから遠くの山々を見ることができます。それは、大雪山系です。直線距離で約180kmも離れていますが、遮る山体がないため見えることがあります。年間に何回も見る機会はありますが、ここまではっきりと確認できる日は多くありません。気が付かない人の方が多いのではないでしょうか?双眼鏡や望遠レンズで確認してみると真っ白な山々が綺麗に見えていました。春は午前中にしか見えませんので、気になる方は水平線を眺めてみてはいかがでしょうか?



知床ネイチャーオフィス
藤川

知床横断道路開通2020

 今日、午前10時から知床横断道路が開通しました。しばらくの間は、通行可能時間帯が10:00~16:00となっていますので、ご注意ください。本当は、昨日開通する予定でしたが、前日に降雪があったため今日になりました。さっそく知床峠まで行ってみると、天気も良く、国後島がくっきりと見えていました。駐車帯は新型コロナウイルス対策として、駐車スペースに間隔が設けられていて1台おきに駐車できるようロープで規制が行われていました。早く終息して、たくさんの皆さんに綺麗な景色を楽しんでいただきたいですね。



知床ネイチャーオフィス
藤川

新型コロナで寂しい知床五湖

 4月20日に知床五湖園地が開園しました。すぐに行けなかったので、今日、今年初の知床五湖へ足を踏み入れてきました。この時期は、もともと観光で訪れる方の数が少ないですが、新型コロナウイルスの影響もあって、駐車場には関係車両と私の車だけ。なんだかとっても寂しいガランとした駐車場でした。知床五湖の地上歩道はというと、緊急事態宣言を受けて5月6日まで施設内でのレクチャーを受講しての散策はできません。知床五湖フィールドハウスが閉館しています。散策できるのは高架木道のみとなっていますので、ご注意ください。こんなにも人がいない知床五湖も初めてでしたが、これはこれで大切なこと。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、人との接触をなるべく少なくして過ごしていきましょう。



知床ネイチャーオフィス
藤川

知床の春の風景いろいろ

 知床に遅い春がやってきました。雪は解けてしまって場所によってはほとんどありません。フレペの滝は、例年になく水量が少ない状況になっていました。展望台に立てば流れ落ちる水の音が聞こえてきますが、今年はほとんど聞こえません。かろうじて流れているものの肉眼ではわかりにくい状況でした。地下水の滝のためこれから水量が増えてきますので、夏の景色が楽しみですね。オロンコ岩では春の花が咲き始めていました。エゾエンゴサク、キバナノアマナ、アオイスミレ、これから日が進むごとに花の種類も増えていきます。これまたとても楽しみですね。



知床ネイチャーオフィス
藤川

冬に逆戻り

 流氷もなくなり、雪解けも進んですっかり春らしい景色になったと思っていたら、ここ数日は、日中の気温も氷点下。ときどき雪も降っていました。森はすっかり真っ白になって、河川沿いに顔を出したフキノトウは、雪に埋もれて寒そうにしていました。



知床ネイチャーオフィス
藤川

幻氷

 今日は、あたたかな陽気に包まれたウトロ。アメダスで気温を見てみると最高気温は10℃まで上昇していました。その暖気の影響を受けて、水平線付近に、上位蜃気楼が発生していました。流氷がゆるむ早春の蜃気楼を「幻氷(げんぴょう)」と呼びます。今日の蜃気楼は2018年以来の大規模なもので、一部分では薄い虹色に分光している様子も観察できました。



知床ネイチャーオフィス
藤川

覚醒

 今季、初のヒグマと遭遇しました。双眼鏡で確認すると何かを食べているようで、その場をじっと動くことはなく、首を上下に動かしているように見えていました。知床は、海岸線が断崖になっており、雪解けが一番早く訪れます。エゾシカやヒグマはそれをよく知っていて、いち早く出てくる草本を食べるのです。冬眠から目覚めたヒグマがこれから活発に活動します。遊歩道の散策などは十分な注意が必要です。



知床ネイチャーオフィス
藤川

知床五湖にミンク

 今日、知床五湖をご案内中に四湖で珍しい動物に遭遇しました。映像では、2頭の小さな黒い生き物が素早く移動している様子が映っています。生き物はアメリカミンクです。道東では戦後に毛皮を目的に飼育されていましたが、一部が逃げて野生化し定着しています。知床五湖でも以前から目撃はあるものの、私も年に1度あるいは数年に1度のペースでしか見たことがありません。映像に残せたのは珍しいことです。2018年のグリーンシーズンにも多数の目撃があり、小さな個体も確認されているので知床五湖では繁殖しているものと考えられます。特定外来生物にも指定されているため個体数の増加や分布の拡大に注意が必要な生き物です。

知床ネイチャーオフィス
藤川