お久しぶりの…

「みぃつけたシリーズ」です!!

先日、原生林トレッキングに出かけたところ
ちょうどいい写真が撮れましたよ…!

お分かりいただけるだろうか




さあ、見つかりましたか?
画像の中には鳥類が潜んでいますよ

真ん中あたりで見事に景色と同化しています



それでは枝かぶりの少ない拡大写真をどうぞ

正解は、エゾライチョウでした。見つけられましたか?

喉元が黒いので、オスのエゾライチョウですね
いつもは出会い頭に飛び立たれてしまうことが多いのですが
この日はのんびり観察することができました

途中、こちらへ近づいてきてくれる場面もあり、びっくり!

まん丸ボディがとっても愛らしい鳥です

これまで、知床五湖フレペの滝では時々見ていましたが
今回、初めて原生林トレッキング中に出会いました

またどこかで出会えると良いな!


知床ネイチャーオフィス
菊田

絵具

段々と気温が高い日が多くなってきたこの頃。
雪や流氷が早々と無くなってしまうのでは…
っと心配になるくらい暖かく感じます。

今日は弊社原生林スノーシュートレッキング
ご案内があったのですが、美しい色にびっくり。

今日の男の涙(滝)は光が入りすぎたようで
ガリガリ君カラーではなく、白っぽい氷瀑。
ですが、海の色は今季一番に美しかったです。
写真では伝わりにくいですが、正に絵具を
海に溶かしたかのような美しい青。
当分、この色合いが見られるといいなぁ…

知床ネイチャーオフィス
柴田

不思議な足跡

雪面には不思議な足跡ができることがあります。
今日は雪面にスノーシューの跡が…

横から見ると…

にょきにょきっとでっぱっているんです。
踏まれた雪が固まり、強風で足跡周りの固まっていない雪が飛び、
足跡なのに凹まず立体化する現象。
シュカブラや風紋と呼ばれます。

天候が荒れた後によく発生しているので、気になる方は要チェック!

知床ネイチャーオフィス
柴田

ふわふわでサラサラでキラキラ

雪を見るとはしゃぎたくなるお年頃
藤原です

私は青森出身で雪は見慣れておりますが
知床の雪は質が違いますね
私が住んでいた青森の雪はちょっと重たい雪

知床の雪はふわふわでサラサラでキラキラ

気温が低いからでしょうか
融けずに柔らかい雪がどんどん積もっていきます

トドマツの枝に積もった雪 キラキラ輝いています

積もった雪をよ~く見ると
美しい雪の結晶を観察できます

目を凝らすといろんな形の結晶が見つかります

ひとりで雪の上に寝そべって30分くらい結晶探しをしていました
降ってくる雪や積もっている雪を手袋の上で観察してみてください
綺麗な雪の結晶が見つかるかもしれないですね

タイミングが良ければこんな景色も楽しみのひとつ

雪と太陽の光でキラキラ輝いた世界が見れるかも

下記のツアーでは雪を楽しみながらの散策が出来ます
・冬の知床自然体験一日コース
・冬の知床五湖一周ツアー
・原生林スノーシュートレッキング
・フレペの滝スノーシューハイキング

雪あかりハイキングは日没後のツアーのため
雪の結晶を観察しながらは難しいですが
雪質や雪の感触を楽しんでいただけるツアーとなっております

雪の上ではしゃぎたい方々のご予約
こころよりお待ちしております

知床ネイチャーオフィス
藤原

絶対にいる・・・

本日のご案内は原生林スノーシュートレッキング

冬の原生林ツアーといえば
断崖からの景色も、もちろん素晴らしいのですが
やっぱり動物探し!

真っ白な積雪は
動物達が動き回った足跡や
食事をした痕跡をあちこちに残してくれます

雪に埋もれながら歩くエゾシカの足跡
一直線に続くキタツネの足跡
木々の間を跳ね回るエゾリスの足跡

可愛らしい痕跡に満ち溢れる森は、夏とはまた違う魅力でいっぱいです

そんな中、本日見つけた痕跡はこちら!

私は青のりと呼んでいます

これはある生き物の食痕です。
森の中に散らばる青のりもどきを見つけたら
拾って観察をしてみましょう

よく見るとギザギザと齧られた跡が残っています

昨日の午後にはなかった痕跡
もしかしたらまだ近くにいるかも!!

周りをきょろきょろ見回すと、次に目に入ってきたのはこちら

お分かりいただけるだろうか・・・

トドマツに降り積もった雪の上に見える小さな“ブツ”

これは食痕の主が、おトイレをした痕跡です…

さて、皆様はこれらが何の動物の痕跡か分かりましたか?


正解は、「エゾモモンガ」です!
モモンガは夜行性の生き物ですが
冬は昼間に出会える可能性が高まります

本日のご案内中は出会えませんでしたが
絶対に近くにいたはず…

次回こそは、きっと見つけるぞ!!!
モモンガ捜索、参加者絶賛募集中です

ツアーへのご参加、心よりお待ちしております

知床ネイチャーオフィス

菊田

にょきっ!!

弊社「原生林スノーシュートレッキング」でご案内している
「男の涙」と呼ばれる滝を見ていると…
急に入り江の斜面からにょきっとエゾシカのメスが現れました。

座っているように見えますが、座っていません。
なかなかに急な斜面なんですが、草が食べやすいようで時々います。
さすが四足歩行動物。急な斜面も楽々なのでしょうか。
どれ程急な斜面か気になる方は、実際に現地で確認してみてください。

そして、海がまだ白くない…早く流氷が欲しい…
流氷、早く来ないかなーーーー

さて、その流氷ですが、
弊社「流氷最新情報」で22日くらいにくるかもとお伝えしましたが、
来なかった…海流弱いのかなぁ、西風弱いのかなぁ…
まぁ、順調にいけばとお伝えしてましたし…順調じゃなかったんですね。

最新の天気予報から予想すると1月の終わりから2月の初めには
来る可能性が高いと思っています。
次は予想が外れないはず!…順調にいけばだけどね。

知床ネイチャーオフィス
柴田

冬ツアー始まりました

藤原です

昨日は原生林スノーシュートレッキングに同行させていただきました

前回スタッフ柴田が投稿したブログにも記載されていたように
ふかふかな新雪の上を踏みしめながら森の中や海沿いを歩きました

この日はときどき太陽が顔を出したり曇ったりと
天候によって変わっていく景色を楽しみました

森を抜けた展望地から 知床岬まで見渡せました

これからいよいよ本格的な冬シーズン
弊社ではさまざまな冬の自然体験プログラムをご用意しております
ツアー詳細については下記をご覧ください

【詳細】
○冬の自然体験プログラム一覧
・冬の知床自然体験一日コース
・冬の知床五湖一周ツアー
・原生林スノーシュートレッキング
・雪あかりハイキング
・フレペの滝スノーシューハイキング
・冬の動物ウォッチング

冬の知床を観光したい方
自然体験したい方
雪に触れてみたい方などなど
たくさんの方々のご予約お待ちしております

知床ネイチャーオフィス
藤原

青空

今朝のウトロは久々の青空。
積雪深40cm、気温氷点下8度くらいです。

やっぱり青空は気持ちいいですね。
来週は晴れたり、曇ったりを繰り返す予報が続いています。
その中でも、12日は吹雪そうな予報となっていますので、
12日頃にお越し予定の方は交通、道路状況にお気をつけください。

さて、昨日は標高約300mのエリアをご案内しました。
いつもご案内している海岸エリア(低地)に比べ、
標高があがるにつれて少しづつ積雪具合も変わりました。

直径30cm程の倒木に雪が積もっていたのですが、その上に積もる
雪の高さから推測すると、概ね60cmは積もっていると思います。
そんなフカフカの雪をスノーシューで歩くのは楽しかったです!!

早く低地でも少なくとも、このくらいは積もってくれないかなー

知床ネイチャーオフィス
柴田

春のよう

北風がびゅんびゅん吹き、雪やアラレが舞うお天気の中、
森を抜けてポンホロ沼に行ってきました。

ポンホロ沼というと、
冬は雪原、
春は雪解け水がたまって沼になり、
夏はヒメシダの茂る草原、
秋には色づいたヒメシダでオレンジ色の草原、

と、季節によって景色が変わる場所。

例年のこの時期は、ヒメシダも完全に枯れてしまい、
そこにパラパラと雪が積もりだしている、という頃かと思います。
しかし今年は、11月に入って2度も100mm越えの豪雨がありました。
その結果・・・

軽くなら乗っても大丈夫そうなくらいの氷でした。

しっかり水がたまり、氷が張っていました!

通常この季節には水がないのに・・・

夏には水がなくなる「涸れ沢」もだばだば水が流れていましたしね。

雪解けの春の頃を思わせる景色です。

森の中の雪の量を見るとやっぱり晩秋だなぁとは感じますが。
豪雨の影響恐るべしです。

おまけ

まだクマたちも活動中です!

知床ネイチャーオフィス
井上