絶対にいる・・・

本日のご案内は原生林スノーシュートレッキング

冬の原生林ツアーといえば
断崖からの景色も、もちろん素晴らしいのですが
やっぱり動物探し!

真っ白な積雪は
動物達が動き回った足跡や
食事をした痕跡をあちこちに残してくれます

雪に埋もれながら歩くエゾシカの足跡
一直線に続くキタツネの足跡
木々の間を跳ね回るエゾリスの足跡

可愛らしい痕跡に満ち溢れる森は、夏とはまた違う魅力でいっぱいです

そんな中、本日見つけた痕跡はこちら!

私は青のりと呼んでいます

これはある生き物の食痕です。
森の中に散らばる青のりもどきを見つけたら
拾って観察をしてみましょう

よく見るとギザギザと齧られた跡が残っています

昨日の午後にはなかった痕跡
もしかしたらまだ近くにいるかも!!

周りをきょろきょろ見回すと、次に目に入ってきたのはこちら

お分かりいただけるだろうか・・・

トドマツに降り積もった雪の上に見える小さな“ブツ”

これは食痕の主が、おトイレをした痕跡です…

さて、皆様はこれらが何の動物の痕跡か分かりましたか?


正解は、「エゾモモンガ」です!
モモンガは夜行性の生き物ですが
冬は昼間に出会える可能性が高まります

本日のご案内中は出会えませんでしたが
絶対に近くにいたはず…

次回こそは、きっと見つけるぞ!!!
モモンガ捜索、参加者絶賛募集中です

ツアーへのご参加、心よりお待ちしております

知床ネイチャーオフィス

菊田

にょきっ!!

弊社「原生林スノーシュートレッキング」でご案内している
「男の涙」と呼ばれる滝を見ていると…
急に入り江の斜面からにょきっとエゾシカのメスが現れました。

座っているように見えますが、座っていません。
なかなかに急な斜面なんですが、草が食べやすいようで時々います。
さすが四足歩行動物。急な斜面も楽々なのでしょうか。
どれ程急な斜面か気になる方は、実際に現地で確認してみてください。

そして、海がまだ白くない…早く流氷が欲しい…
流氷、早く来ないかなーーーー

さて、その流氷ですが、
弊社「流氷最新情報」で22日くらいにくるかもとお伝えしましたが、
来なかった…海流弱いのかなぁ、西風弱いのかなぁ…
まぁ、順調にいけばとお伝えしてましたし…順調じゃなかったんですね。

最新の天気予報から予想すると1月の終わりから2月の初めには
来る可能性が高いと思っています。
次は予想が外れないはず!…順調にいけばだけどね。

知床ネイチャーオフィス
柴田

冬ツアー始まりました

藤原です

昨日は原生林スノーシュートレッキングに同行させていただきました

前回スタッフ柴田が投稿したブログにも記載されていたように
ふかふかな新雪の上を踏みしめながら森の中や海沿いを歩きました

この日はときどき太陽が顔を出したり曇ったりと
天候によって変わっていく景色を楽しみました

森を抜けた展望地から 知床岬まで見渡せました

これからいよいよ本格的な冬シーズン
弊社ではさまざまな冬の自然体験プログラムをご用意しております
ツアー詳細については下記をご覧ください

【詳細】
○冬の自然体験プログラム一覧
・冬の知床自然体験一日コース
・冬の知床五湖一周ツアー
・原生林スノーシュートレッキング
・雪あかりハイキング
・フレペの滝スノーシューハイキング
・冬の動物ウォッチング

冬の知床を観光したい方
自然体験したい方
雪に触れてみたい方などなど
たくさんの方々のご予約お待ちしております

知床ネイチャーオフィス
藤原

青空

今朝のウトロは久々の青空。
積雪深40cm、気温氷点下8度くらいです。

やっぱり青空は気持ちいいですね。
来週は晴れたり、曇ったりを繰り返す予報が続いています。
その中でも、12日は吹雪そうな予報となっていますので、
12日頃にお越し予定の方は交通、道路状況にお気をつけください。

さて、昨日は標高約300mのエリアをご案内しました。
いつもご案内している海岸エリア(低地)に比べ、
標高があがるにつれて少しづつ積雪具合も変わりました。

直径30cm程の倒木に雪が積もっていたのですが、その上に積もる
雪の高さから推測すると、概ね60cmは積もっていると思います。
そんなフカフカの雪をスノーシューで歩くのは楽しかったです!!

早く低地でも少なくとも、このくらいは積もってくれないかなー

知床ネイチャーオフィス
柴田

春のよう

北風がびゅんびゅん吹き、雪やアラレが舞うお天気の中、
森を抜けてポンホロ沼に行ってきました。

ポンホロ沼というと、
冬は雪原、
春は雪解け水がたまって沼になり、
夏はヒメシダの茂る草原、
秋には色づいたヒメシダでオレンジ色の草原、

と、季節によって景色が変わる場所。

例年のこの時期は、ヒメシダも完全に枯れてしまい、
そこにパラパラと雪が積もりだしている、という頃かと思います。
しかし今年は、11月に入って2度も100mm越えの豪雨がありました。
その結果・・・

軽くなら乗っても大丈夫そうなくらいの氷でした。

しっかり水がたまり、氷が張っていました!

通常この季節には水がないのに・・・

夏には水がなくなる「涸れ沢」もだばだば水が流れていましたしね。

雪解けの春の頃を思わせる景色です。

森の中の雪の量を見るとやっぱり晩秋だなぁとは感じますが。
豪雨の影響恐るべしです。

おまけ

まだクマたちも活動中です!

知床ネイチャーオフィス
井上

痛い…

急激に気温が下がり、北海道各地では雪の情報もちらほらと…
知床横断道路も路面凍結のため、昨日と本日は終日閉鎖。
明日は開通するかなぁ…?

そんな冷え込みが強まる北海道。
昨日の散策中は「あられ」が降ってきました。
中々に風が強く、耳に当たると痛い!!
道には「あられ」がいっぱい…

「あられ」が降ったら初雪か!?っと思いきや、
雲の関係で夏や秋も時々降るので初雪認定されないとか…

山の中腹付近が白くなってきましたが、早く山頂付近を見たいものです。
明日らへんで晴れないかなー

知床ネイチャーオフィス
柴田










夏バテ知らず

散策に出れば、汗が肌を伝う日も増えてきた今日この頃

ご飯を食べるのが億劫になってきた人間もおりますが
森の動物たちは元気に過ごしているようです

こちらはある暑い夏日に出会ったエゾリス

体毛が夏毛らしくなり始めたエゾリス

もふもふだった尻尾の毛量が落ち着き
耳毛もひょろひょろになってきています
もうじき完全な夏毛に生え変わるでしょうか?

木の上に来て、何をしているのかと思えば…


よっこいせ、


キノコを食べておりました
ヒラタケか何かでしょうか?
後日見に行った時は、跡形もなくなっていました

私も彼らを見習って
しっかりご飯を食べて夏に備えなければ…

皆様も、暑さに負けず
健康的な食生活を送りましょうね



知床ネイチャーオフィス

菊田

さくら咲く森へ

本日は知床自然体験一日コースでも含んでいる海岸原生林の散策へ行ってきました!

午前は1~2℃と寒かったのですが、午後には日が差しなんとか6℃ほどまで上がり、レインウェア+フリースという重ね着は必要ではありつつも気持ちのいい散策でした。

見たかったのは雪と桜と新緑の景色!森の中ではエゾヤマザクラがちょうど見頃で、芽吹きだした新緑と合わせて目に鮮やかでした。枝に積もった雪は解け落ちていましたが、雪の上に落ちる桜の花も素敵です。

残雪の知床連山も美しく、春から初夏へと移り行く景色を楽しむことができました!緑の芽吹きが進めば更に森の彩は美しさを増していきます。

いつまでも佇んでいたい景色ですが、開けた場所では少し風が肌寒いこともあります。景色をぼんやりと楽しむためにも風を防ぐ上着と念のための防寒着を準備して、脱ぎ着しやすくするのがおすすめです。

知床ネイチャーオフィス

佐々木

雪景色

先日雪がふったウトロですが、
今日も一日雪が降ったりやんだり。
森の中はすっかり真っ白雪景色になってしまいました。

気温も日中0.3度までしか上がらず、寒い一日になりました。
でも昨日は18度まで上がりましたし、毎日がこんなお天気なわけではありません。
(3日前も最高気温0度台でしたが・・・)

暖かい日と寒い日を繰り返しながら、少しずつ季節は進んでいっています。
今回の雪も、表面に数cm積もった程度ですので、明日から明後日にはほとんどなくなってしまうでしょう。

こんなお天気にあたった場合は、「4月に雪を楽しめた、ラッキー!」と思っておきましょう。

知床ネイチャーオフィス
井上