白い景色

6月のウトロは霧の多い月だったようです。
例年、霧の日は多くないのですが、今年は気温が下がる日はほぼ必ず霧が発生。
フレペの滝遊歩道も真っ白な日が多かったです。

(草原エリアはあまり遠くまでは見えません)
(フレペの滝展望台からの滝の景色)

数日前のフレペはこんな感じでした。
滝は霧で見えず、音声のみでお楽しみください状態…
見通しが悪いと近距離でのヒグマとの遭遇が発生する可能性がありますので、
個人で散策される場合は音を出す等対策をして安全に努めてください。

さて、今年は霧の多いウトロですが、今朝も案の定の霧。
また霧かぁ…っと思いきや、気温の上昇により、霧が消え…

(フレペの滝展望地からの景色)

くっきりと綺麗な景色を見ることができました!
海側は雲海が発生しており、なかなか見ることのない景色。
早く気圧配置が変わって、例年通りの天候にならないかなぁ…

知床ネイチャーオフィス
柴田

冬のフレペ

冬のツアーのご案内が少しずつ増えてきた今日この頃

菊田は昨日、今日とフレペの滝スノーシューハイキングのご案内をしておりました
2日程前はなかなかの強い北風に吹かれていたウトロですが
ツアー日は比較的穏やかなお天気に恵まれ、快適な散策となりました

さらさらのパウダースノーがしんしんと降る中
展望地まで行くと、冬らしいフレペの滝の姿が見れましたよ

美しく凍ったフレペの滝

2日前の北風が効いたのでしょう
なんとも芸術的な姿へと変貌を遂げていました

これからも気温が低く、時折雪の降るお天気が続きそうですから
しばらくは淡いブルーのフレペの滝が見られそうですね

夏とはまた一味違ったご案内となりますので、是非遊びに来てくださいね

知床ネイチャーオフィス

菊田

マジックアワー

最近は日が傾くのがどんどん早くなっていますね。

一週間ほど前にフレペの滝遊歩道を歩きました。
個人的に今はとても良い時期だなと感じております。

どの季節も魅力的なものですが、今フレペの滝遊歩道の草原部に
ススキの穂がたくさん出ております。
なぜ良いかというと、日の傾きかけた16時過ぎ頃ススキの穂が黄金色に輝きます。

日が傾きかけたフレペの滝遊歩道。美しくススキの穂が輝いている。

こんな感じです。

国道334号から伸びている灯台管理道路の知床連山側からが
綺麗にススキを見られるポイントです。

散策路は断崖絶壁から流れ出る滝を見ることが出来るビュースポットもあり、
サクサク歩けば40分くらいで回れるコースとなっております。

お時間のある方は、天気の良い日にこの時間帯を狙って
訪れてみてはいかがでしょうか。

ただし、帰り道は薄暗くなってしまう可能性があるので
戻り時間には注意してください。
それから、国立公園内ですのでヒグマ対策は忘れずに・・・

また、弊社でもオプションツアーにてご案内しておりますので
「ガイド付きで安全に楽しく歩きたい!」という方、
ご参加お待ちしております。
詳細は下記URLをご参照ください。

「フレペの滝ネイチャーウォッチング」
https://www.sno.co.jp/furepe.html

知床ネイチャーオフィス
藤原

雪がない!

 数日前に雨が降って以降も気温の高い日が続きました。今月の6日前後は大雪で積雪も一時は1mあったはずなのに、ウトロのアメダスを見るとすでに40cmほどに・・・

フレペの滝遊歩道展望台付近

 フレペの滝遊歩道も展望台付近ではすでに地面が見えていました。この景色は、4月中旬から下旬ごろの景色といってもいいのではないでしょうか。

フレペの滝

 フレペの滝もご覧の通り、氷がだいぶ融解していました。撮影している間にもガラガラと氷が解け落ちる音が入り江に響いていましたよ。あまりにも早い春の訪れを感じました。

知床ネイチャーオフィス
藤川

雪がない

 今朝、ニュースで記録的な雪不足が話題として取り上げられていました。北海道各地でもイベントが縮小されたり、中止したりしているようです。知床も例外ではなく、かなり雪が少ない状況です。ウトロのアメダスで見ても積雪深は20cm程度と例年の四分の一くらいでしょうか?フレペの滝の遊歩道を歩いてみると景色は白くなっていますが、雪に埋もれているはずの枯れた草本が目立っていました。もう少し、降ってくれないかなぁ・・・。

フレペの滝遊歩道より

知床ネイチャーオフィス
藤川

またあった足跡

 フレペの滝の遊歩道を歩いていたら、ヒグマの足跡を見つけました。つい先日も別の場所で足跡を見つけましたが、まだまだ活動中のようです。足跡を辿っていったら、遊歩道に設置されている小さな看板が壊されて道の上に落ちていました。看板にはヒグマの歯の痕がしっかりと残っていましたよ。

遊歩道に残された足跡と看板の一部

知床ネイチャーオフィス
藤川

雪はすくないけれど

フレペの滝草原から知床連山

 まだまだ雪が少ないウトロです。フレペの滝遊歩道を歩いてきました。ササや枯草の上に、わずかに雪がのっている程度で真っ白な雪原になるには時間がかかりそうな気配です。しかし、フレペの滝はというと、北風が吹いていた影響で早くも氷柱となっていました。細かなエビの尻尾もたくさんできあがってきていてとても美しい氷瀑となっています。

“雪はすくないけれど” の続きを読む