株式会社 知床ネイチャーオフィス

Shiretoko Nature Office
世界遺産知床をネイチャーガイドがご案内しています。知床観光はお任せください。

お問い合わせ TEL: 0152-22-5041

ゴールデンウィーク限定!残雪期の羅臼湖へ行こう
「羅臼湖スノートレッキング」

羅臼湖スノートレッキング
羅臼湖スノートレッキングを動画で紹介

おすすめポイント

  • GW限定のツアー
  • 春なのに雪景色
  • 多少の標高差・距離があり、しっかり歩く
  • 雪遊びができる
 このコースは、GW期間限定のプログラムです。標高600m~700mの亜高山帯をご案内します。本州中部の標高2000m~2500mに相当する環境です。この4月下旬から5月上旬の羅臼湖周辺は、登山道すべてが雪で隠れた状態になっています。真っ白な雪原をスノーシューを使って歩きます。標高の低い場所では春が訪れつつある知床でも、標高をあげるとまだ冬景色。その季節のギャップをお楽しみください。登山道入り口から羅臼湖まで片道3kmの行程となります。半日コースではありますが、自然体験1日コースよりもハードな内容です。日常生活で膝や足に不安のある方についてはオススメできません。

設定期間

  • 4/25~5/10

時間

  • 9:30~14:30

料金(対象)

  • ¥8,000(小学生以上) 昼食なし(現地で食事をしますので事前にご準備ください)
  • ※対象は小学生以上、体重100kg以下、 日常の生活で階段の上り下りが問題なくでき、6km以上歩行できる方。

集合場所

  • 弊社事務所(ウトロ地区ご宿泊の方は送迎いたします)
  • お待ち合わせの時間は、お電話かご宿泊先にFAXでお知らせします。

持ち物(レンタル用品有)

  • ※多少の雨天でも催行します。亜高山帯で、早春のこの時期は、気温が氷点下近くまで下がることがあります。指先の冷えを抑えるために手袋、必ず薄手のフリースなど保温できる服装と、上下に分かれたレインウェアが必要です。参考までに「知床の春・秋の服装」をご覧ください。レインウェアのレンタル(有料)もございます。お申し込みは自然体験プログラムの予約フォームに記入欄がございます。
  • ※ご参加いただくお客様には、ご希望により無料で双眼鏡をお貸し出しいたします。(天候によっては貸し出しできない場合がございます。ご了承ください。)

ご案内にあたってのご注意


  • 知床横断道路の開通状況によっては、ご案内ができない場合がございます。ご案内コースを変更することがございます。予めご了承ください。
  • 途中、トイレなどの施設は一切ありませんので、出発前に必ずお済ませ下さい。

スノーシューとは?

スノーシュー
 スノーシューは西洋カンジキとも呼ばれる、雪上を歩行するための足に装着する道具です。春の残雪は寒暖による融解と凍結を繰り返し、雪の自重とともに硬くしまっていますが、気温の上昇によってはスノーシューやカンジキなしでの歩行が難しい季節です。スキーとは違い歩行用の道具ですので初心者でも簡単に雪の上を歩くことができます。

ご参加希望日が5日以内と迫っている場合には、web上からのお申し込みではなく、お電話にて直接ご連絡いただきますようお願いいたします。


お問い合わせ先
株式会社 知床ネイチャーオフィス TEL:0152-22-5041
トップページに戻る