株式会社 知床ネイチャーオフィス

Shiretoko Nature Office
世界遺産知床をネイチャーガイドがご案内しています。知床観光はお任せください。

お問い合わせ TEL: 0152-22-5041

知床の冬の気温と服装(12月・1月・2月・3月)

冬のウトロの気温 (参考資料:気象庁 気象統計情報よりウトロの気温 2004年~2017年)
 冬の知床(12月・1月・2月・3月)の服装です。冬は雪と氷の世界です。非常に気温も低いので充分に暖かい服装をご準備ください。日中の最高気温は-5℃~3℃前後、最低気温は-20℃~-10℃となります。風が吹くと体感温度はさらに下がるため十分な対策が必要です。

冬の服装

冬の服装イメージ
 スキーウェアのような防水・防寒素材のアウターウェアの中に、厚手のフリース、セーターなど保温性の高いミッドウェア、さらに発熱素材の長袖Tシャツなどのインナーウェアなどを重ね着(レイヤリング)するとよいでしょう。屋外で散策中に汗をかいてしまった場合、急激に体を冷やし体調を崩すことがあるため注意が必要です。野外で活動しているときは、汗をかく前に暑く感じたらミッドウェアやインナーを脱ぎ着して体温調節を行ってください。ダウン素材は、保温性は高いですが、散策中の着用は汗をかきやすくあまりおすすめはしていません。ダウン素材は、休憩時など体を動かさないときに体温を下げないよう着用する場合に向いています。着衣は綿素材ではなく、乾燥の早い化繊のものをおすすめします(ジーンズはおすすめしません)。靴は、冬用の防寒靴や防寒長靴があると足先の冷えを抑えることができます。

ザック

ザック・リュックサック
 知床を訪れて、半日~1日かけての散策をお考えの方はザックをご準備ください。散策に必要なレインウェアや飲み物、道具類をまとめて持ち歩く際に使います。つまづいて転んでしまうことも考えて、両手が開けられるようにしてください。肩掛けカバンでもかまいませんが、トレッキングなど少しハードに動くものについては荷室が体の前方に回り込んでくるなどして歩きにくくなりますので、ご注意ください。

アウターウェア

アウターウェア
 スキーウェアのような防水・防寒のウェアです。スキーウェアでも大丈夫です。動きやすさや透湿性を考えると高価ですが、ゴアテックス製で山岳用のものなどが良いでしょう。

 ご自身での準備ができない場合は、レンタルも行っております。詳細は、「スキーウェアのレンタル」をご覧ください。

耳の隠れる帽子

耳の隠れる帽子
  • 非常に気温が低く、体の末端部である耳が痛くなってくる場合があります。必ず耳を隠すことができる帽子をご準備ください。

防水性の手袋

防水性の手袋
 スキーのときなどに使用する防水・防寒素材の手袋をご準備ください。可能であれば、外側に防水性の高いオーバーグローブを、内側に保温性の高いインナーグローブを着用すると指先の冷えを抑えることができます。

厚手の靴下

厚手の靴下
 野外を散策する際、防寒靴を履いていても長時間、雪面にいると足先が非常に冷える場合があります。山岳用の発熱素材のものや厚手の靴下をご準備ください。2重に履くことで冷えを抑えることができます。

サングラス

サングラス
     
  • 晴れている日は、雪の照り返しが眩しいため、散策する場合は、あると便利です。

水筒

水筒
 散策中、体からは意外と水分が失われています。適度に補うために、水筒やペットボトルのものでご準備ください。体が冷えることもありますので、あたかい飲み物をおすすめします。

日焼け止め

日焼け止め
     
  • 日差しが強いときにお肌が気になる方は、ご準備ください。

食べ物


 食べ物についてですが、行動食としてチョコレートや飴など必要な方は、行動食を多少お持ちください。。
トップページに戻る