色んな景色

ここ数日で冷え込みが強くなったウトロ。
昨夜は知床横断道路が路面凍結の恐れで閉鎖になり、
知床連山の雪景色を楽しみにしていたのですが、山々は雲の中。
明日、雪景色を見れるかな?

さて、本日はそんな冷え込む中、リピーターO様と原生林を散策してきました。

リピータープログラムでご案内している原生林は、普段とは違った景色。
美しい景色を見る為には、なかなかに厳しい道を登らねば…。

(紅葉が美しい幻の滝?)

(紅葉と沼)
厳しい道を頑張って進むことによって見ることが出来る景色。
紅葉の具合も丁度良く、本当に綺麗でした!

綺麗な景色の他にも、また違った出会いもあります。
今回の原生林散策では、これまた不思議なものが…

画像中央にそびえ立つ枯れ木。
普通の枯れ木と言えば枯れ木ですが、違和感がありますね…。

この違和感、お分かりいただけるだろうか…

なんと、枯れ木中央の幹がほぼほぼ無いのです。
拡大写真が下記。

普通なら倒れていてもおかしくない幹の細さですが、
先月の台風による強風にも耐えて頑張っていたようです。
今後、いつ頃倒れるのか観察してみたいものですね。
でも、ざっくりとした場所しか覚えていないので、
もう見ることはないでしょうね~。…残念。

では、また何か不思議なモノや綺麗な景色があったらブログにアップさせていただきます。

知床ネイチャーオフィス
柴田

TVCM「THERMOS-サーモス-」再OnAirのお知らせ

いつも知床ネイチャーオフィスwebサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

今年の3月にアウトドアボトルブランド「THERMOS-サーモス- 知床編」のTVCMがOnAirされました。一度、放送は終了しておりましたが、再度放送されることが決まりました。


期間11/1~11/30
地域:関東・北陸以南

公式サイトにてCM動画が配信されております。合わせてご覧ください。
THERMOS-サーモス-

北海道での放送は残念ながらありませんが、たくさんの皆様に知床の魅力が伝われば幸いです。

知床ネイチャーオフィス

見頃?

今日は羅臼湖のご案内をさせていただきました。

天候は霧。
山々全体の景色は見えませんでしたが、散策路周辺は所々良い具合に色付いていました。

霧の中の紅葉も良いですねぇ~。

台風通過で葉が散り、紅葉はダメかと思いましたが、なかなかいい感じですね。もう見頃と言っても良いのではないでしょうか。

今年は知床全体的に、例年よりも一週間は早く色づいてきているように感じます。また、今年は赤が多い感じもしますので、例年の黄色が多い山々とは違う景色を望めれるかもしれませんね。

知床五湖の四湖周辺はいつ見頃になるのかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田

知床五湖ご案内に関する重要なお知らせ

 

いつも知床ネイチャーオフィスwebサイトをご覧いただきましてありがとうございます。弊社がご案内しております。自然体験プログラムのうち、ご案内内容に「知床五湖」が含まれている以下のコースについてのお知らせです。

知床自然体験1日コース
知床五湖一周ツアー(植生保護期以降)

先日の台風18号の影響を受けまして、遊歩道内に多くの倒木が発生しており散策が困難な状態となっております。除去に時間がかかるため全周のご案内の目途が付かない状態となっております。ご案内場所を変更するなどの対応をさせていただきます。ご予約いただいておりますお客様には、散策前に必ずご連絡を差し上げます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

知床五湖遊歩道は、現在、高架木道ならびに小ループ(二湖・一湖:倒木のため二湖展望地の利用ができません)の散策が可能です。詳細につきましては、知床五湖のホームページをご覧ください。

斑点模様にご用心?

本日、ツアーから帰ってくると、事務所玄関前に横たわる細なが~い物を見つけました。
よく見ると斑点模様の入ったヘビのようです。

模様のあるヘビというと、マムシか!?と身構える方もいるでしょうか?
(そもそもマムシでなくても、ヘビと聞いただけで逃げ出す方も多いですね・・・)
でもご安心ください。
こいつはアオダイショウの幼蛇。

アオダイショウの成蛇はグレーから緑色をしていますが、
幼蛇は、写真の様な斑紋が入っています。
これは身を守るために、有毒のニホンマムシに擬態していると言われています。

しかし似ているとは言っても、特徴をよく観察するとちゃんと識別することができますよ。
アオダイショウの目は、くりっとまん丸の瞳孔をしています。

対してマムシの瞳孔は、縦に細長い鋭い形をしています。
(比較写真がなくてすみません・・・。)
その他、頭の形や体の太さなども識別ポイントです。

アオダイショウは無毒ですし、比較的温厚な性格のようです。
怖がって飛んで逃げ出さずに、じっと観察してみてください。

そもそも、今日のコイツはこんなサイズですしね。
逃げ出す必要がありません。かわいいもんです。

(クロックスに威嚇するアオダイショウさん)


(カメラ目線)

知床ネイチャーオフィス
井上

暑い~

最近ブログの更新が少なく申し訳ありません。
ここ数日、ウトロは暑い日が続いています。
気温も30℃越えと高いですが、湿度がすごい……。
東京の方が涼しいかもしれませんね???

動物たちも暑いのでしょう、一昨日知床五湖をご案内した際には
エゾシカの親子が四湖の水辺に来ていました。

親子で涼みつつ(?)お食事中

気持ちよさそうですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋

今シーズン初の羅臼湖トレッキングに行ってきました。

昨日は「羅臼湖トレッキング」をご案内してきました。
ツアーは6月1日から始まっているのですが、先週はお天気に
恵まれずなかなか行くことが出来なかったので、今年初の
ご案内です。
遊歩道上はまだ雪も残って所々踏み抜く危険もありました
(そして私は踏み抜きました)が、お天気は良くて暑いくらい
でしたよ。

三の沼や羅臼湖の眺めも最高でした。


三の沼

遊歩道周辺ではお花見が楽しめます。


チシマザクラと訪花中のエゾオオマルハナバチ女王

ウグイスも盛んにさえずっていました。

低地は新緑の季節ですが、標高の高い羅臼湖周辺はまだ早春の
装いです。
これから雪も融け、様々な高山植物のお花も咲きはじめます。
季節の移り変わりを目にするのが、今から楽しみです。

知床ネイチャーオフィス

角屋

新顔登場!

段々と暖かな日が多くなってきた今日この頃。
毎年のことですが、知床の森にも新たな仲間が増えてきたようです。(この画像だと難しいですが、どこにいるかわかりますか)

正解は、↓の画像をご覧ください。


可愛い仔ジカがこんにちは。

いや~この時期の仔ジカは可愛いですね!!
小さくて可愛い仔ジカを観察できるのは、今の時期ならでは!

今なら立った状態でお母さんのお腹の下にスッポリ納まるサイズですが、数カ月も経つとお腹の下に納まらないくらいに大きくなります。

6月はエゾシカの出産がピークを迎えるので、可愛い仔ジカと色々な所で出会えるチャンス!

産まれたばかりだとあまり活発ではないですが、生後数週間もすると走りまわったり、飛び跳ねたりと動きがとても活発になるので、更に可愛いですよ。

時々道路に飛び出してくることもあるので、車の運転は気を付けて、安全運転でお願いします。

次は仔ギツネに出会いたいですねー。

知床ネイチャーオフィス
柴田

もう夏?まだ春?セミが鳴く

昨日は、リピーターH様と色々なモノを求め、原生林へ行ってまいりました!

新緑に染まる森の中には、エゾハルゼミの抜け殻がいっぱい。
色々な所にあるので、成虫と簡単に出会えるかと思っていましたが、残念ながら出会えませんでした。
(エゾハルゼミの抜け殻)

エゾハルゼミは名前にあるように春に鳴くセミです。
他の多くのセミは夏に鳴くので、セミの声を聞くと夏のように感じますが、知床はまだ春です。
寒暖の差もあるので、お越しの際は薄手の羽織れるモノがあると良いですよ。

人の声では表現しにくいエゾハルゼミの鳴き声。
エゾハルゼミの次はコエゾゼミの時期。
今年はいつ頃からコエゾゼミが鳴き始めるのかな。
段々とセミの声で知床の森が賑やかになっていきます。

H様、今回は抜け殻でご勘弁ください!

知床ネイチャーオフィス
柴田

珍しい顔

ゴールデンウィークが終わり、桜の季節も過ぎ、
知床には続々と夏鳥たちが飛来しています。
毎年のことですが、彼らの姿を見ると、久々に再会できたような
嬉しい気持ちになります。
まぁ個体識別をしているわけではないのでほぼ初対面なの
でしょうけどね。

オオルリやアオジなどの見慣れた夏鳥たちに混じり、
先日ちょっと珍しいものを見かけました。


ツバメ(ちょっと羽毛がぼさぼさ)

「ツバメなんて見かけるのは普通では?」と思われる方もいる
かもしれませんが、斜里町では飛来したという記録はある
ものの、あまり見かけません。
図鑑で調べてみると、道北や道東地方では見られない地域が多い
ようです。

しかもこのツバメ、翼の一部が白くなっていました。

こちらは北海道外で撮影した別のツバメの写真↓

ツバメが向いている方向は違いますが、比べてみるとやはり白い
ので、部分白化した個体だったのだと思います。

東南アジアから遠路はるばる知床まで来たツバメたち。
この地で繁殖するのでしょうか?

知床ネイチャーオフィス

角屋

知床ネイチャーオフィスのスタッフが日々の自然の様子をご紹介します。このblog内の文章・写真の無断転載・転用はしないようお願いいたします。