カテゴリー別アーカイブ: 風景

エゾシマリスと紅葉

秋が深まっている知床です。標高の低い海岸原生林では、エゾシマリスの姿を多く見かけます。森の中を走り回って、どんぐりをひろっては、ほっぺのなかに押し込みます。冬の冬眠へ向けての準備に大忙しです。一方の標高700m付近にある羅臼湖登山道では、紅葉が見ごろを迎えました。赤や黄色、オレンジの色合いがとても美しい景色をつくっていました。例年より早く紅葉しているようで、10月上旬まで楽しめそうです。

知床ネイチャーオフィス
藤川

ヒグマの足跡と一湖

4月20日に知床五湖園地が開園しました。当日には行けず、22日に行ってきました。雪がだいぶ残っています。地上歩道は、二湖・一湖間は除雪されているので雪はありませんが、雪解けによるぬかるみがあります。スニーカーでは散策できません。長靴があると良いです。高架木道からの景色は、美しい知床連山と・・・ヒグマの足跡がありました。知床らしい景色が見ることができてラッキーでした。

知床ネイチャーオフィス
藤川

初雪と暴風

今朝、ニュースで道内各地で初雪の報道が流れていました。知床も初雪が降りました。ウトロ市街地では積雪はありませんでしたが、知床五湖では3cm~4cmの積雪が見られました。1日中風も強く、フレペの滝の草原では暴風となっていました。海岸線に近づくと何やら水しぶきが吹きあがってきていました。水しぶきのでどころは、滝の水です。フレペの滝は風速10mを超える風が吹くと、滝の水が巻あげられて逆流するように飛ばされていきます。展望台はじっとしているのも大変なほどの風が吹いていました。歩いていたのは・・・私だけ・・・・?

知床ネイチャーオフィス
藤川

動画日記も更新開始

いつも知床ネイチャーオフィスのwebサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。サーバ移転からいろいろと設定を含めて時間がかかってしまいました。ご迷惑をおかけしております。

各ブログも設定が終了し本格的に更新できるようになりました。長らくお待たせいたしました。

初投稿は、紅葉の様子をお伝えします。
羅臼湖周辺では、だいぶ紅葉が見ごろになっているようです。特に、羅臼湖から正面の知西別岳の斜面はピークを迎えつつありました。例年よりも早い紅葉となっています。