カテゴリー別アーカイブ: キタキツネ

野生動物への餌やり禁止!

先日、とても残念な光景を弊社スタッフが目にしました。キタキツネへの餌付けです。知床国立公園内には、野生動物への餌付けをしないように訴える看板が、道路脇や関係する施設周辺に設置されています。しかし、野生動物への餌付けがなくなることはありません。野生動物への餌付けは、動物たちが自分で食べ物を探すことをしなくなる他、道路上に留まることが多くなるため、交通事故死を招きます。また、動物に近づいた人、その本人が野生動物から病気をもらってしまう可能性も否定できません。また、対象がヒグマだった場合、人の命に関わる大きな事故に発展することも考えられます。決して野生動物に餌をあげないようにしてください。彼らの命を守るためにも、とても大切なことなのです。

「野生動物への餌やり禁止」

知床ネイチャーオフィス
藤川

キツネもやるんだ

昨日まで北風で海を覆っていた流氷が、今日は南風が吹き始めたため、沖へと離岸しました。海岸線では、流氷ウォークを楽しむ人々。なにげに双眼鏡をのぞいていると・・・・おんやぁ??

流氷の上に小さな影を見つけました。キタキツネです。キツネも楽しんでいるのか?いや違います。流氷に乗っていたら、離岸してしまったんですね。なんとか岸に戻ろうとウロウロしたり、隣の氷に飛び乗ったりしていました。無事、帰れるのでしょうか?そうこうしている間に、岬方面へ流されて行きました。

知床ネイチャーオフィス
藤川

エゾシカの滑落

フレペの滝で事件が起きました。まるで火曜サスペンス劇場??断崖の下にいたのは、エゾシカです。おそらく、足を踏み外して落ちてしまったのでしょう。前日に新雪が降っていたこともあり、クッションとなって命が助かったようです。しかし、左後脚を骨折しているようです。海は流氷がきてはいますが、埋まっているほどではなく、この場所から移動することはできないでしょう。そのシカのすぐそばで、キタキツネが昼寝していました。どこからやってきたのかわかりませんが、このエゾシカが死んでしまった後、冬の貴重な食べ物として多くの生き物を支えてくれることでしょう。

知床ネイチャーオフィス