カテゴリー別アーカイブ: 野生動物

冬の準備

原生林など知床の動物たちは冬への準備で大忙しです。今年は、エゾシマリスが比較的観察しやすく、原生林を歩いていると何度か遭遇します。落ちたドングリを齧って、頬袋に詰めていました。シマリスがドングリを集めていますが、実のところ豊作というほどではなく少ない木の実を必死に集めているのです。今年は、他にもヤマブドウやサルナシ、ミヤママタタビなども実りが良くありません。ヒグマは、その少ないヤマブドウにありつくことができたようです。樹上に上って、後脚で器用に立って口元にヤマブドウをたぐりよせていました。冬眠に向けて、頑張って食べ物を集めているようです。

※道路脇にヒグマがいることがあります。車外に出ないようご注意ください。

知床ネイチャーオフィス
藤川

エゾシマリスと紅葉

秋が深まっている知床です。標高の低い海岸原生林では、エゾシマリスの姿を多く見かけます。森の中を走り回って、どんぐりをひろっては、ほっぺのなかに押し込みます。冬の冬眠へ向けての準備に大忙しです。一方の標高700m付近にある羅臼湖登山道では、紅葉が見ごろを迎えました。赤や黄色、オレンジの色合いがとても美しい景色をつくっていました。例年より早く紅葉しているようで、10月上旬まで楽しめそうです。

知床ネイチャーオフィス
藤川

昼寝するヒグマ

今日は、親子のヒグマに出会いました。ヒグマがウロウロしていた周辺には地面を掘った跡がいくつかあって、食べ物を探して歩き回っていたのでしょう。ひとしきり歩いた後に、座ってゴロゴロし始めました。なかなか心地よい態勢にならないのか寝返りをうつようにゴロゴロ。そのうち動かなくなったので、寝始めたのでしょうか?のんびりとした時間が過ぎていきました。

※この映像は、断崖の上から下にいるヒグマを撮影しています。
安全な距離を保って観察しましょう。また、大きな声を出したり、走って逃げるなどの行動はとらないようにご注意ください。相手を刺激しないよう、ゆっくりとその場を離れるようにしてください。

春の動物たちエゾモモンガとヒグマ

ウトロ周辺の流氷が離岸して10日近くが経過しました。高台から見渡すと沖合には、まだ氷の帯が散在しています。春のオホーツク海らしい景観が楽しめます。原生林の中では、エゾモモンガが繁殖期を迎え、日中でも活発に活動する時期となりました。トドマツの枝先についている花芽を食べているようです。ヒグマも冬眠明けを迎え、活動を開始しているものもいます。断崖から滑落し、雪の中に埋もれてしまったエゾシカの死骸を食べていました。こうした大きな獲物は一度に食べきることができないため、数日間、離れることなく留まります。春先は、エゾシカが飢え死にしていることも多くあるので、シカの死骸には不用意に近づかないことが大切です。

知床ネイチャーオフィス
藤川

変なヤツめっけた!

12月に入り、雪が積もり始め、冬らしくなってきました。まだヒグマの足跡なども残っていて、冬眠までもう少しかかるみたいですね。河川には、サケの遡上がそれなりにあるのか、オオワシ、オジロワシが10羽以上いて驚きましたが、一番驚いたのは、道路脇にいた変なヤツでした。重くないのかな?毛、引っ張られて痛くないのかな?気になって夜も眠れません・・・。そうか、これが野生のサンタクロース・・・なのか!な。

知床ネイチャーオフィス
藤川

野生動物への餌やり禁止!

先日、とても残念な光景を弊社スタッフが目にしました。キタキツネへの餌付けです。知床国立公園内には、野生動物への餌付けをしないように訴える看板が、道路脇や関係する施設周辺に設置されています。しかし、野生動物への餌付けがなくなることはありません。野生動物への餌付けは、動物たちが自分で食べ物を探すことをしなくなる他、道路上に留まることが多くなるため、交通事故死を招きます。また、動物に近づいた人、その本人が野生動物から病気をもらってしまう可能性も否定できません。また、対象がヒグマだった場合、人の命に関わる大きな事故に発展することも考えられます。決して野生動物に餌をあげないようにしてください。彼らの命を守るためにも、とても大切なことなのです。

「野生動物への餌やり禁止」

知床ネイチャーオフィス
藤川

最近の動物あれこれ

春になって、野鳥や動物に出会う機会が多くなりました。早朝のバードウォッチングでは、キツツキ類のドラミングやアオジなどのさえずりが楽しめます。ここのところアリスイという珍しい野鳥にも遭遇しています。そして、日中の道路脇には、ヒグマ。今回、地面を必死に掘りまくっているヒグマがいました。道路脇でありながら、車のことを気にしない。前脚でガシガシ掘っています。おそらく、エゾハルゼミの幼虫を掘り起こして食べているのでしょう。そろそろ、キタキツネの赤ちゃんも生まれているはずです。探しに行こうかな・・・・。

知床ネイチャーオフィス
藤川

春の景色

フレペの滝の遊歩道では、雪がだいぶ融けて草原の枯草がでてきました。その枯草を食べにたくさんのエゾシカがやってきています。そして、そのシカを狙って、あいつもやってくるのでしょうか?(黒くて大きいやつね。)

冬の間、凍っていたフレペの滝もだいぶ融けて、一部が崩落しています。暖かい日だと、ときどき、氷の塊が落下して大きな音を響かせることがあります。

森の中では、イタヤカエデが長い冬の休眠から目覚め、樹液を吸い上げ始めています。イタヤカエデの樹液は糖分が多く含まれているため動物たちの貴重な食べ物です。エゾリスが必死に舐めとっていました。

知床ネイチャーオフィス
藤川

キツネもやるんだ

昨日まで北風で海を覆っていた流氷が、今日は南風が吹き始めたため、沖へと離岸しました。海岸線では、流氷ウォークを楽しむ人々。なにげに双眼鏡をのぞいていると・・・・おんやぁ??

流氷の上に小さな影を見つけました。キタキツネです。キツネも楽しんでいるのか?いや違います。流氷に乗っていたら、離岸してしまったんですね。なんとか岸に戻ろうとウロウロしたり、隣の氷に飛び乗ったりしていました。無事、帰れるのでしょうか?そうこうしている間に、岬方面へ流されて行きました。

知床ネイチャーオフィス
藤川