冬の準備

原生林など知床の動物たちは冬への準備で大忙しです。今年は、エゾシマリスが比較的観察しやすく、原生林を歩いていると何度か遭遇します。落ちたドングリを齧って、頬袋に詰めていました。シマリスがドングリを集めていますが、実のところ豊作というほどではなく少ない木の実を必死に集めているのです。今年は、他にもヤマブドウやサルナシ、ミヤママタタビなども実りが良くありません。ヒグマは、その少ないヤマブドウにありつくことができたようです。樹上に上って、後脚で器用に立って口元にヤマブドウをたぐりよせていました。冬眠に向けて、頑張って食べ物を集めているようです。

※道路脇にヒグマがいることがあります。車外に出ないようご注意ください。

知床ネイチャーオフィス
藤川

LINEで送る
Pocket