「羅臼湖」カテゴリーアーカイブ

尻すべり

今日は今年初の羅臼湖に行ってきました!

例年ですと春スキーを行う多くのスキーヤーを見る知床峠付近ですが、何故かほとんど見ませんでした。

今日の散策では、私が春の羅臼湖をご案内した中で一番面白い斜面と出会うことが出来、とても楽しく尻すべりしてきました。
160505shirisuberi
(滑走面が上から下まで全長50mはある斜面。人が小さく見えます)
160505shirisuberi (2)
(すべり始めから終わりまでの高低差は20mくらいでしょうか)
160505shirisuberi (3)
(障害物も無く、楽しく尻すべり)
雪がまだある今ならではの羅臼湖。
今年はいつまで遊べるかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田

まだ大丈夫!

本日は台風通過後、初めての「羅臼湖トレッキング」のご案内でした。
先週見頃だった紅葉も、強風で散ってしまっているだろうなーと
思いつつ出発したのですが、
風を受けにくい場所の紅葉は予想以上にまだキレイでした。

151011
羅臼湖数歩道入り口付近

151011-2
羅臼湖周辺

地形によって風あたりも違うのでしょうが、あの強風を耐えたのかと
思うと驚きです。
今日は珍しく、遠目ではありますがギンザンマシコも姿を見せて
くれました。

151011-3
ギンザンマシコ♀

羅臼湖トレッキングのご案内もあと数日。
それまでは、紅葉を楽しめると良いですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋

嵐の前の彩り

初冠雪も終え、日に日に秋が深まりゆく知床、紅葉も進んできています。

知床五湖から望む知床連山上部の紅葉は、先日10月2日の嵐にて吹き飛んでしまった部分が多いようです。一方、そこから少し標高を下げると、羅臼湖周辺は今ちょうど見頃を迎えています。

ミネカエデの鮮やかな黄色とナナカマド類の赤が美しいです。

151007

ただ・・・ひとつ心配なのが、北海道に接近しつつある台風。明日は大荒れの予報になっています。

今日が今シーズン羅臼湖紅葉の見納めになってしまわないことを祈るばかりです。

知床ネイチャーオフィス

井上

 

(おまけ)

葉っぱの彩りなどお構いなく、ミネカエデの実をアクロバティック採食するエゾシマリス。・・・花より団子?

151007-2

(じっくり観察していたら、ほお袋パンパンのかわいいお顔を撮るタイミングを逃しました)