カテゴリー別アーカイブ: その他風景

ルシャのごみ拾い

昨日はスタッフ佐々木、井上、柴田、角屋が
ルシャ地区の清掃活動に参加してきました。
2003年から始まって今年で14年目だそうですが、
4人とも初参加、ルシャ地区へも初めて足を踏み入れました。

161027

知床岬もウトロから見るよりも近くに見えます。
ウトロ地区よりも知床岬に近づいているわけですので当たり前の
ことなのですが、何だか感動します。

流木に混じって漂着している大量のごみを拾っていきます。

161027-2
ゴミ袋を手に頑張るスタッフ井上とスタッフ柴田

161027-3

ゴミ袋がいっぱいになったら、写真後方のトラックの荷台に
積んでいきます。
参加者全員でせっせと働き、トラックの荷台はあっというまに
いっぱいになり、予定より早めの終了となりました。

船からは度々見るルシャ地区ですが、漂着したごみの多さには
少々驚きました。
今回、清掃活動を行ったのはルシャの一部でですが、
少しでも環境美化に貢献できたのなら嬉しく思います。

もちろん、作業中クマの姿もちらほら見えました。
流石はヒグマのメッカといったところですね。

知床ネイチャーオフィス
角屋

秋から冬への移り変わり

昨日のブログと前後してしまうのですが、先日羅臼岳登山道の
途中まで行ってきました。
目指すは先月スタッフ柴田が行ったオホーツク展望。
が、この日は平地でも時折みぞれが突風と共に吹き付けるような
お天気で、目的地周辺は雪雲の中でした。
登山道も雪が積もってご覧の通り。

161026
オホーツク展望付近(標高549Mくらい)

完全に冬景色ですね。
もう少し上の方まで行ってみましたが、どんどん雪が強くなる
ので撤退してきました。

標高を下げると雪も収まり、秋らしい景色になります。

161026-2
標高250Mくらい

同じ場所でも標高が300M変わると、周辺の様子が随分と
違って面白いです。
山の上から低地へ、徐々に徐々に冬がやってくるのですね。

目的地からは残念ながら見えませんでしたが、下山途中に
知床五湖の一湖が見えました。

161026-3

知床ネイチャーオフィス
角屋

若草に雪

寒波や低気圧の影響で、ウトロはここ数日寒いです。
昨日、とある森の中を散策してきたのですが、標高200mを
過ぎた辺りから何やら周辺が白い…。
雪が積もっていました。
植物も雪の冷たさにやられて倒れています。

160606

新緑と残雪の光景は春に目にしますが今は6月。
森の緑もかなり濃くなっています。
そんな中に雪が積もっているという光景はある意味貴重ですが、
ミスマッチというか、何とも不思議ですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋