カテゴリー別アーカイブ: 風景

今日はアレをやりましょう

降る降る降る降る降る降る降る降る…雪が降る。

先月末から時折降っていた雪ですが、全体的に溶けて無くなり、今日また積もり始めました。

今朝はパラパラと降るだけで、こんなには積もらないだろうと思っていましたが、あっという間にまた雪景色へ。

(事務所前のテラスもこんな感じ)
そこそこ雪が積もると、アレをやるしかないってことで、アレにチャレンジ!

(そう、この姿勢は…ダイブ!! アイ キャン フラーイ!)

(ヒュ~ン…ドンっ!うっ…)
い、痛い。ついつい飛んでしまったが、雪が少なすぎた…。
胸強打により気管に違和感。そして脳が揺れている感じが…。
※飛び込む時には、しっかりと積雪量を確認しましょう。

(約15cmくらいの積雪でしょうか)
今回の飛び込みが今シーズン初の飛び込みですので、記念すべき飛び初め!ヒンヤリして気持ちが良い!
でも、来年からはもう少し積雪量が多くなった時に飛び込みます…。

残念ながら、今日降った雪は多分あと数日で溶けると思います。しっかりと積もるのはいつかな~。
早くフカフカの雪に飛び込みたい!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

白く寒く

昨晩から降った雨時々みぞれ時々雪のため、
ウトロ市街地も、今シーズン初の積雪になりました。
といってもうっすら2~3cm積もったかな?という程度。

しかし、その程度の時でも油断ならないのが知床五湖。
200m程の台地上にある五湖周辺だけは、別世界でした。
遊歩道どころか駐車場ですら約10cmの積雪、除雪される前は長靴必須な状況。

もちろん遊歩道内、森の中は雪まみれで真っ白。

五湖展望地と看板もご覧のあり様です。

この時期にしては中々の積雪。
湖越しの知床連山、という一般的な景色は望めずでしたが、
代わりに今日の、このお天気ならではの風景に出会えました。
お越しの方は、一足先に冬気分を味わえたのではないでしょうか。

雪の白さも、冷え込む寒さも、冬の風情の一つ。
(今日は0~2度、まだそれ程でもないですね!)
明日以降数日間天気が良い予報ですので、雪はすぐに融けてしまうかもしれません。
この景色に出会えるかどうかはタイミング次第ですが、
この時期にお越しの際は、防寒対策と雪まみれになる心の準備をお忘れなく。

※ちなみに、冬の知床五湖は湖が結氷し、その上は雪で覆われて雪原のようになります。
ですので、今日の知床五湖はまだ「晩秋から初冬」の景色ですね。

知床ネイチャーオフィス
井上

寒い寒いっっ

台風が通り過ぎたと思ったら、本日は大変冷え込んでいます。
最低気温2℃
最高気温6℃
そこに更に風が加わりますので大変寒い。

台風の影響により29日昼から本日11時まで閉鎖していた知床五湖は・・・

今季初の雪の上散策でした。
(今日は高架木道だけのご案内。雪は歩道全体ではありません)。
ぎゅっぎゅっと雪を踏みしめる音に、内心ウキウキ・・・とはいえ、木道上で踏み固められた雪は滑りやすいので足元注意です。

本日はスタッフ3名が冬用帽子で出動しました。やはり暖かさがまったく違います。
上着や重ね着も大切ですが、帽子、手袋、マフラーもぜひご準備ください。
ちょっとした日の当たり具合などで体感温度が変わりますので、調整がしやすくなります。

***
そしてご案内が終わり、オフィスに戻ってふとみた海が荒々しくも美しい姿でした。

知床ネイチャーオフィス
佐々木

羅臼湖トレッキングも終了です

昨日のウトロは朝方4.8℃まで気温が下がったようです。
知床横断道路も積雪や路面凍結の恐れのため、通行止めになる日
も出てきました。
「羅臼湖トレッキング」もそろそろ終了の時期です。

というわけで、昨日は今シーズン最後の「羅臼湖トレッキング」
をご案内してきましたよ。

生憎羅臼岳は終始雲の中でしたが、標高がやや低いところは
新たに降った雪で白くなっているのが見えました。

(二の沼より)

遊歩道脇には先日降った雪もまだ残っています。

羅臼岳は見えませんでしたが、雪を被った知西別岳は
綺麗でした。

遊歩道周辺の紅葉も一部を残してほぼ終了です。

次に来るのはゴールデンウィークでしょうかね。
それまで約7ヶ月、しばしのお別れです。
(あ!羅臼湖の写真撮るの忘れてた!!)

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

終わり?

さて、前回わたしが羅臼湖に行ったのは、9月24日。
その日から二週間経った今日。羅臼湖に行ってきました!

秋の二週間という時間は大きなもので、この前とは景色が全然違います。
羅臼湖入口付近は綺麗な紅葉でしたが、散策路周辺は全体的に茶色味が強くなってきました。

(二の沼)
でも、高い位置から見下ろすと、まだまだ良い色の木もありましたよ!

羅臼湖周辺の紅葉はまだギリギリ終わってはいない印象ですが、終わるのももうすぐかな~。
そして、少しづつですが紅葉は麓へと下っているので、五湖周辺の紅葉ももうそろそろピークでしょうか。ちなみに、昨日の四湖はこんな感じでした。

木々にもう少し色が着くとなお良いですね。
黄色や赤が湖面に映るの、楽しみだな~。

知床ネイチャーオフィス
柴田

冬の報せ

冷たい風、かじかむ指先、雲に覆われた山・・・、

これは絶対にきている!と思っていた知床連山の冠雪が昨日やっと見られました!雲が完全に晴れたのは夕方でしたが、連山全ての頭を飾る見事な冠雪です。

夕方ならではの光線が秋の景色に深みを出していい感じです。

(秋の夕暮れが大好きです)

本日は寒さに震えた昨日とはうってかわった最高気温18度(ウトロアメダス)の散策日和。

刻々と雪は解けて行きましたが、一日美しい風景を見せてくれました。

知床ネイチャーオフィス

佐々木

色んな景色

ここ数日で冷え込みが強くなったウトロ。
昨夜は知床横断道路が路面凍結の恐れで閉鎖になり、
知床連山の雪景色を楽しみにしていたのですが、山々は雲の中。
明日、雪景色を見れるかな?

さて、本日はそんな冷え込む中、リピーターO様と原生林を散策してきました。

リピータープログラムでご案内している原生林は、普段とは違った景色。
美しい景色を見る為には、なかなかに厳しい道を登らねば…。

(紅葉が美しい幻の滝?)

(紅葉と沼)
厳しい道を頑張って進むことによって見ることが出来る景色。
紅葉の具合も丁度良く、本当に綺麗でした!

綺麗な景色の他にも、また違った出会いもあります。
今回の原生林散策では、これまた不思議なものが…

画像中央にそびえ立つ枯れ木。
普通の枯れ木と言えば枯れ木ですが、違和感がありますね…。

この違和感、お分かりいただけるだろうか…

なんと、枯れ木中央の幹がほぼほぼ無いのです。
拡大写真が下記。

普通なら倒れていてもおかしくない幹の細さですが、
先月の台風による強風にも耐えて頑張っていたようです。
今後、いつ頃倒れるのか観察してみたいものですね。
でも、ざっくりとした場所しか覚えていないので、
もう見ることはないでしょうね~。…残念。

では、また何か不思議なモノや綺麗な景色があったらブログにアップさせていただきます。

知床ネイチャーオフィス
柴田

見頃?

今日は羅臼湖のご案内をさせていただきました。

天候は霧。
山々全体の景色は見えませんでしたが、散策路周辺は所々良い具合に色付いていました。

霧の中の紅葉も良いですねぇ~。

台風通過で葉が散り、紅葉はダメかと思いましたが、なかなかいい感じですね。もう見頃と言っても良いのではないでしょうか。

今年は知床全体的に、例年よりも一週間は早く色づいてきているように感じます。また、今年は赤が多い感じもしますので、例年の黄色が多い山々とは違う景色を望めれるかもしれませんね。

知床五湖の四湖周辺はいつ見頃になるのかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田

今シーズン初の羅臼湖トレッキングに行ってきました。

昨日は「羅臼湖トレッキング」をご案内してきました。
ツアーは6月1日から始まっているのですが、先週はお天気に
恵まれずなかなか行くことが出来なかったので、今年初の
ご案内です。
遊歩道上はまだ雪も残って所々踏み抜く危険もありました
(そして私は踏み抜きました)が、お天気は良くて暑いくらい
でしたよ。

三の沼や羅臼湖の眺めも最高でした。


三の沼

遊歩道周辺ではお花見が楽しめます。


チシマザクラと訪花中のエゾオオマルハナバチ女王

ウグイスも盛んにさえずっていました。

低地は新緑の季節ですが、標高の高い羅臼湖周辺はまだ早春の
装いです。
これから雪も融け、様々な高山植物のお花も咲きはじめます。
季節の移り変わりを目にするのが、今から楽しみです。

知床ネイチャーオフィス

角屋

もう夏?まだ春?セミが鳴く

昨日は、リピーターH様と色々なモノを求め、原生林へ行ってまいりました!

新緑に染まる森の中には、エゾハルゼミの抜け殻がいっぱい。
色々な所にあるので、成虫と簡単に出会えるかと思っていましたが、残念ながら出会えませんでした。
(エゾハルゼミの抜け殻)

エゾハルゼミは名前にあるように春に鳴くセミです。
他の多くのセミは夏に鳴くので、セミの声を聞くと夏のように感じますが、知床はまだ春です。
寒暖の差もあるので、お越しの際は薄手の羽織れるモノがあると良いですよ。

人の声では表現しにくいエゾハルゼミの鳴き声。
エゾハルゼミの次はコエゾゼミの時期。
今年はいつ頃からコエゾゼミが鳴き始めるのかな。
段々とセミの声で知床の森が賑やかになっていきます。

H様、今回は抜け殻でご勘弁ください!

知床ネイチャーオフィス
柴田