「野草など」カテゴリーアーカイブ

知床五湖一周ツアー第一号

本日は知床五湖一周ツアーをご案内してきました。
今年のゴールデンウィークは積雪や強風の影響で遊歩道の閉鎖が
多く、なかなかツアーが催行できなかったため、
今日が今シーズン初のご案内となります。
そして私自身も久しぶりの散策。
午前中は小雨も降る肌寒い日でしたが、色々と見どころが
ありましたよ。

五湖では早速オシドリのペアが出迎えてくれました。
(といっても人に気付いて逃げていきましたが)

160508

写真右上の率先して(?)逃げていくのがオス。
手前のメスはお食事中でした。
何を食べているのかというと……

160508-2

こちらのエゾアカガエル。
水中にいるのでわかりにくいですが、写真中心に2匹います。
この2匹はメスがオスをおんぶして、ちょうど産卵中でした。
繁殖のために湖にやってきたところをオシドリにつかまって
食べられてしまった個体もいるのですね。
それにしても、オシドリってカエルも食べるのですね。
初めて見ました。

ミズバショウの花も見ごろでしたよ。

160508-3

全部はご紹介出来ませんが、この他にもいろんな動物、植物を
観察することができました。
長い冬が終わり、春は生き物たちの活動も活発になります。
彼らの様子を見ていると、なんだかこちらもうきうきとしてくる
季節です。

とはいえ、日によってはまだまだ肌寒い日もあるこの時期、
散策の際の防寒対策はお忘れなく。

知床ネイチャーオフィス
角屋

春の色

暖かな日が増えてきました。
日中もプラス気温になることがほとんどです。
とはいえ、まだまだ夜間は氷点下になることも少なくなく、
降雪の可能性も十分あるため、油断はできません。

それでも着実に季節は進んでいます。
毎年恒例、春を告げる花たちが咲き出しています。
160401

キタミフクジュソウ。
場所によっては満開になっているようですが、
今日見た所はまだまだ咲き始め。

雪が解け、流氷が去っていく寂しさと、
辺りに「色」が現れる喜びの複雑な感情も毎年恒例。

桜前線が知床にやってくるのはまだ大分先ですが、
今からとっても楽しみです。

知床ネイチャーオフィス
井上

まだ大丈夫!

本日は台風通過後、初めての「羅臼湖トレッキング」のご案内でした。
先週見頃だった紅葉も、強風で散ってしまっているだろうなーと
思いつつ出発したのですが、
風を受けにくい場所の紅葉は予想以上にまだキレイでした。

151011
羅臼湖数歩道入り口付近

151011-2
羅臼湖周辺

地形によって風あたりも違うのでしょうが、あの強風を耐えたのかと
思うと驚きです。
今日は珍しく、遠目ではありますがギンザンマシコも姿を見せて
くれました。

151011-3
ギンザンマシコ♀

羅臼湖トレッキングのご案内もあと数日。
それまでは、紅葉を楽しめると良いですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋