「オオワシ・オジロワシ」カテゴリーアーカイブ

ついに・・・そして岸に・・・!!

今朝、ついにウトロに姿を見せた流氷
少しずつ近づいてくる気配に、今日中にもしやと期待は高まります。
ほぼ窓際というベストスポットなオフィスであるがゆえに、
外が気になりすぎて仕事が手につかないのは仕方のないことなのです。(そう、仕方がないのです)

昼過ぎから夕方にかけて一気に近づいてきた流氷、

と、懸命に撮影する藤川隊長。

氷の上で、押し寄せた流氷に巻き込まれた魚か海鳥を狙ってやってきたと思われるオオワシ、オジロワシ、カラスたちの小宴会。

そして、ついに岸に到着!接岸!

「流氷近づいてきた!」「オオワシきた!かっこいい!」「アザラシー!」
※お客様の声ではありません。

ぜひ、皆さまも興奮を分かち合いましょう(笑)
本格的な流氷と皆さまの訪れを心待ちにしております。

知床ネイチャーオフィス
佐々木

海の賑わい

流氷が離岸し始め、寂しくもある今日この頃ですが、
海面が開いたため河口以外の場所でも鳥たちを
見かけることが多くなってきました。


カワアイサ(オス)
(自分にカメラが向けられているのを気にしています。)


オオセグロカモメ

鳥たちで海が賑わってくると、こちらもうきうきとした気分に
なってきます。

オオワシ、オジロワシの姿もまだまだ見られますよ。


(上の写真2枚とは別の日に撮影)

カラスも交えてお食事中。
1羽が魚を捕らえたところに集まってきたようです。
(目撃者スタッフ井上談)

北海道で繁殖する一部のオジロワシを除き、繁殖地へ旅立つ日が
近づいています。

 

知床ネイチャーオフィス

角屋

モモンゲラ

昨日はそこそこ荒れたウトロ。
今朝も雪は降りましたが、前日に比べると風も弱く、降雪量も減ったことで比較的過ごしやすかった今日。
動物も同様に過ごしやすかったのか、森はいつも以上に活気づいていました。
今日は知床では定番のエゾシカから、今の時期しか見ることのできないオオワシにも遭遇できました。
20160222sika
(背に雪を積もらせながら日向ぼっこするシカ)
20160222oowasi
(岩の上でたたずむオオワシ)
普段ならこの2種類を見たら「まぁまぁ動物見れたかな」という気持ちになるのですが、ラッキーなことに今日は他にも2種類との出会いが。
多くのお客様が見たいとおっしゃる2種類!
モモンガとクマゲラにも遭遇できました!!遭遇できるだけでもラッキーなのに、今日の動物達はサービスが良く、激しく動かなかったのでゆっくりと観察できました。
20160222momonnga
(トドマツの葉を食べるモモンガ)
20160222kumagera
(虫を探すクマゲラ)
本日、この2種類にも会えたので、運を使い果たしてしまったのではないかと思うと恐ろしいですが、明日もお客様に多くの動物をお見せできるように祈るばかりです!!

荒れた次の日は面白いことが起こるのかもしれませんね。

知床ネイチャーオフィス

柴田

 

冬の楽しみ

先週から開催されている網走湖でのワカサギ釣りに
行ってきました。
この日の網走の最高気温は-7.1℃(※アメダスより)
時折雪も降り、寒かったので現地でテントを借りてしまい
ました。風雪をしのげるテントの中は快適でした。
で、釣果はというと…。

160114

お昼過ぎから日没間際までで80匹程釣れました。
爆釣、というほどではないですが個人的に結果は上々。
素揚げにしておろしポン酢でいただきました。

毎年の冬の楽しみですが、氷上で魚を待ってじっとしている
と2~3時間と言えど体の末端から冷えてきます。
釣りにお越しの際も、防寒対策はお忘れなく!

知床ネイチャーオフィス
(釣りに必死で毎回写真を撮るのを忘れる)角屋

おまけ

続きを読む 冬の楽しみ