カテゴリー別アーカイブ: サケ・マス類

絶対?多分?ほぼほぼ?うん…逃げません!

数日前のとある川の湧き出し付近。
川を覗くと、何匹かの魚影がスイスイと泳いでいました。
一応防水?のスマホを沈めて、まず一枚。

(お腹が赤っぽい魚が何匹か)
スマホでも綺麗に写るもんだな~と感心しながらもう一枚。

(ズームして撮った写真がこちら)
なかなか可愛い顔した魚が複数。オショロコマです。
このオショロコマ、逃げないんです。
上流でバシャバシャ動いても、逃げない。
60cmも距離が無い所でスマホを沈めても、逃げない。
40cmも距離が無い所でスマホを沈めると、わずかに逃げる?
まぁ、ほぼほぼ逃げないんですね。
他の生き物に襲われる経験が無いのでしょうか。変わった魚。

さて、オショロコマですがイワナの仲間でサケ科の魚です。
サケ科の魚なので、産卵行動もシロザケ等と基本的に同じです。
シロザケと違う所は産卵しても死なない。ほとんどは河川で一生を終える。(まれに海に降りて大型化するものもいるようです)
そんなオショロコマの産卵は10~11月と言われているので、時期的にもまだ産卵行動を見れるかなと思ったのですが、残念ながら観察できませんでした。でも、可愛い顔を見れてよかった!来年リベンジかな。

そんな今回の観察で改めて分かったのは、オショロコマは警戒心がほぼないこと、防水スマホは優秀といった所でしょうか。

来年は防水スマホを流氷の浮かぶオホーツクに沈めてクリオネ撮ってみようかな~。…さすがに壊れるか?

知床ネイチャーオフィス
柴田

落葉の絨毯と・・・。

11月にも入り、多くの樹々が既に葉を落としています。
どこもかしこも落葉の絨毯になっていて、
歩くと鳴る、カサッ、ガサッという音が心地良いですね。

さて、ここはとある場所の落葉だまり。

151105-3

そこにいるのは・・・シロザケ!?

実はこれは、森の中でも池の中でもなく、遠音別(オンネベツ)川の中。
先月の嵐の影響で、河道が大きく変わってしまったようで、
一部水たまりのような場所ができています。
おかげ様で、とっても観察がしやすいです。

子孫を残すために遡上してきた彼らも、緩やかな流れで一時休憩でしょうか。

知床ネイチャーオフィス
井上