「リス・ネズミ類」カテゴリーアーカイブ

冬への準備?

 原生林を散策中、樹洞からひょっこりとエゾシマリスが現れました。よくみると頬袋が木の実でいっぱいに詰まっています。巣穴に運び込んでいるのでしょうか?もう早くも冬の準備を進めている?口いっぱいにしたまんま、私たちの目の前を去っていきました。

頬袋いっぱいのエゾシマリス

知床ネイチャーオフィス
藤川

シカンガ

今朝は雪が降りましたが、昼頃には青空も広がったウトロ。

今年は雪解けが早く、もう4月のような景色が広がっています。
明日は最高気温が10度の予報も出ているので、クマと森の中で
出会うのもそろそろでしょうか。

さて、今日もタイミングよく色々な動物と遭遇しました!
…が、上手いこと写真を撮れたのは2種類だけ。


今年は雪が少なく、食べ物にあまり困らなかったのか、
ガリガリとまでは痩せていないエゾシカ。

人を気にせず、黙々と葉を食べ続けるモモンガ。

他にもキツネやオオワシ等とも出会えました!
明日はどんな出会いがあるかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田

ふさふさ~

数日前ですが、散策中に嬉しい出会いが!

今年はタイミングが悪いのか、全く姿を見ることが
無かったエゾリスにやっと会えました~

冬のエゾリスは耳毛が長くて可愛いですよね!
ふさふさの耳毛!!
こんな耳から伸びている毛は「ふさ毛」というらしいですね。
シマリスも可愛いけど、冬毛のエゾリスも、可愛いーねー!!


キノコかな?
何かを食べていましたー

またお会いできる日を楽しみにしております…

知床ネイチャーオフィス
柴田

フクロゥモモンガ

昨日から動物運が良くて、森の散策が楽しい柴田です。

今日は久々にあの動物と遭遇しましたよ~
はい!ドーン!!

エゾフクロウ!!

お昼寝中?だったようで、モフモフの羽毛が可愛かったです。

今日はフクロウに会えてラッキーと思っていたら、
昨日に引き続き、モモンガもこんにちは~
頭上を滑空してくれるというサービス付き。
ありがたや~

フクロウ、モモンガどちらも可愛かったですが、
フクロウさん…どうかモモンガを食べないでください…

さて、明日はどこで、何に会えるのかなぁ~??
楽しみです!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

モモモモ…ん?が!

今年はあまりモモンガ見ないなぁ…と思っていた今日この頃。

やっとタイミングよく、観察できました!!

特に長々と書くつもりはありません。
はい。こちら!!

かわいーーーーーーーーーーねーーーーーーーーーーーーー!!
クリクリのお目目。
ぷっくら膨らんだ頬袋。
じっくり観察できました!
もう十分観察できたし、そろそろ移動しようと思ったのですが、
ラッキーなことにもう一頭、飛んできました!!
着地?した先からこちらをうかがう姿がこちら!

かわいーーーーーーーーーーねーーーーーーーーーーーーー!!

タイミングが良ければ、こんな可愛い姿も見れます。
野生動物ですから見れるかどうかは、その時によりますので、
あまり期待し過ぎず、ツアーにご参加くださいね~

知床ネイチャーオフィス
柴田

今朝は

オフィス周りに動物の足跡が点々とついていました…

建物沿いには、エゾヤチネズミっぽい足跡…

そして、そのネズミを狙って来たのかキタキツネの足跡も…

雪があると実際に動物がいなくても、足跡からその時のドラマを想像できるので、毎年面白いドラマを想像しています。
今回はネズミの足跡の方が少し古く見えたので、キツネと遭遇することはなかったようですね。残念ながらキツネはクリスマスプレゼント?をゲットできなかったようです。
厳しい冬。どちらも頑張って生き延びてほしいな~。
でも、個人的にはネズミ好きなので、エゾヤチネズミに頑張って逃げてもらいたいものです。

ぇ?最近、柴田ばかりブログあげてて飽きた?
今年の12月のブログは柴田の独壇場になってますからね~
他の人のブログをあげろ?ほぉ…
そんなご意見ありましたら、掲示板に名指しでご指名ください。
きっと…多分…いつか…指名された人があげてくれるはず…。

知床ネイチャーオフィス
柴田

ついに会えたね。

会いたかった可愛い子に、ついに出会えました。
トドマツの葉を無心に食べるつぶらな瞳の、・・・モモンガ!

もぐもぐ・・・もぐ・・・
(葉っぱがなくなった)

さっ(振り向く→ちぎる)

さっ(同じ向きに戻る)

・・・もぐもぐもぐ

なぜか、葉っぱの補充がやたら素早く、
そしてなぜか、必ず同じ向きに戻る。
謎のこだわり。でも、こっち向きが落ち着くとかそういうのちょっと解る、解るよ、なんて。
ほっこり笑ったり、勝手に共感したり、声を潜めながら愛らしさを堪能しました。

また顔を出してね。

知床ネイチャーオフィス
佐々木

小さな森の生き物

今年は原生林の散策をしていると、小さくてかわいいシマリスたちによく出会います。

3年前のドングリ大豊作の年は、あちらこちらで、それはそれは頻繁に見られました。
しかしその後は一転不作に見舞われ、めっきり目撃頻度が下がってしまっていました。

今年もドングリは多いとは言えないのですが、なぜだか頻繁に遭遇します。
天敵の一種、キツネたちがエサ(リスやネズミなど)不足によるものか、やや数が少な目なことも影響しているのでしょうか?
生態系というものは、「風が吹いて桶屋が儲かる」程ストレートには事が進まないので、はっきりとした理由はわかりませんね。

理由はともかくとして、久しぶりにかわいい彼らに出会えるのは嬉しいものです。彼らは、今はがんばって冬支度中。
あちこち走り回っては食べ物を集め、巣穴に運んでいきます。
早いヤツはもう冬眠に入ってもいい時期です。
山も雪化粧する頃ですしね。
今シーズンこうして出会えるのもあと一月くらいでしょうか。

散策に行くときは、目を凝らし、耳を澄ませて、小さな彼らを探してみてください。

知床ネイチャーオフィス
井上

今季、初遭遇➁(やっと見れた)

昨日は、とても鋭い観察眼をお持ちのお客様のお陰様で、今季初のシマリスを観察できました。
shimarisu160725
早く見たいな~。早く見たいな~。と思いながら、数カ月。
全然シマリスの「シ」の字すら確認できていなかったので、今年は出会えないのかと心配していたのですが、やっと見れました。

昨年のドングリの凶作が影響しているのか、今年は全然リスやネズミをまだ見ていなかったので、一人で興奮。

いつ見ても、やっぱりシマリスは可愛いですね!!
次の出会いはいつでしょうか。

知床ネイチャーオフィス
柴田

 

かくれんぼ

先週は暖かな日が続き、春が来たかと思っていたのですが、
ここ数日は雪も降って冬へと景色が戻りつつあります。

そのような雪降る知床ですが、雪降る中の散策は気持ちのいいものです。
トドマツの枝や葉に積もる雪は、いつ見てもクリスマスツリーのようで綺麗ですね。

さて、そのトドマツですが、上手いこと枝や葉を利用してかくれんぼをしている生き物がいます。160326momonga
(写真のどこかにかくれんぼしている生き物がいます)

ぱっと見てお分かりになった方はさすがですね!
枝や葉に雪も積もっていますので、すこしわかりにくいです。

ヒントは写真中央でお食事中の生き物。

お分かりになりますか?

※生き物を拡大した写真が↓にありますので、自力で探したい方はご注意ください。

160326momonga2
(トリミングしました。枝が被っていますが…)

皆さん、もうお分かりですよね?
そうです、モモンガです!!
こちらを向いて、トドマツの葉を食べている最中。

モモンガの個体によっては周りを気にしないのか、目立つ所で食事をするモモンガもいますが、今回は近くでカラスが鳴いていたので、襲われないように絶妙なポイントでお食事していたのでしょうか。

モモンガ、いつまで見やすいかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田