「自然情報」カテゴリーアーカイブ

ちょっと降った

昨夜は冷えるな…と感じておりましたが、
朝起きるとウトロの高台はちょっと雪が積もってました!

一応…積もった!!が、またすぐ解けるので、飛び込むにはまだ早い。(オフィス周辺は標高が低く、積もって無かったです)

段々と冬らしくなってきましたよ~!
早く積もれぇ~♪


(3分くらいで作った雪だるま)
まだ湿り気の強い雪なので簡単に雪だるまが作れます!
冬本番になるとパウダースノーですから残念ながら作れなくなります。
この時期ならでは?の雪だるま!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

初雪まだ降らず。

ニュースをみると、今日中に北海道内のどこかで初雪が降らなければ、北海道は132年前の記録に次ぐ遅さになるそうです。
なんでも歴代2番目の降雪の遅さを記録ですって。
ちなみに11月18日を過ぎても初雪が降らなければ、
歴代1番の降雪の遅さを更新するようです。

ウトロは来週も初雪はなさそうですが、北海道内の他の地域は来週初雪の予報も有るので、最も遅い記録更新はなさそうです。

確かに去年のこの時期のブログを確認すると、
既に初雪は降っているんですよね。

今後はこういう年が多くなってくるんでしょうか。
昨年のこの時期も書いてたと思いますが、早く降ってくれないかなぁ~。
特に今年はスキーを楽しもうと思っているので、早く、いっぱい降ることを祈るばかりです。

雪の写真ではないですが、今日の夕焼け綺麗だったのでアップします。

今日は今日で綺麗でしたが、流氷に沈む夕日、早く見たいなー。
オホーツク海に綺麗に沈む夕日が見れるのもウトロならでは!
全体的に景色がピンク色に変わるのが、本当に綺麗なんですよ。
皆さま是非ともその頃にお越しください。

 

でも、とりあえず早く雪に飛び込みたい…。笑

 

知床ネイチャーオフィス
柴田

秋の虫

昨日は暴風が吹き荒れたウトロでしたが、今日のは昨日の荒天が
ウソのような快晴で気温も14.6℃まで上がり、暖かい1日でした。
事務所前の日向でハネナガキリギリスが元気に鳴いていました。

左右の前翅をこすり合わせて鳴いているところ。

緑の身体が鮮やかできれいですね。
しかし、草むらに入ってしまうと、保護色となってしまい
探すのに苦労します。

正面から見ると、なかなか愛嬌のある顔をしていますが、
前足は結構凶悪(そうな)とげが生えています。
キリギリスの仲間は肉食性が強いため、この足で獲物をがっちり
捕まえやすくなっています。

実は、事務所前の草むらでは、8月、9月もハネナガキリギリスが
鳴いていました。
天気のいい日はほぼ毎日見かけていたので、何となく愛着も
湧いていたのですが、ある天気の悪い日を境に見かけなくなって
しまいました。別の場所に移動したのか、はたまたお亡くなりに
なったのかはわかりません。

今回鳴いていたのは恐らく別個体でしょうが、今度はいつまで
滞在してくれるでしょうか?

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

やっちまったなぁ~…

みなさん今晩は。自称ネイチャーオフィスのアイドル。柴田です。(自称ですからね。自称)

さて、この全体的に濡れていて、靴の中は水が溜まっている。…という画像。なぜ濡れているのか!そうです!!
靴を洗ったから濡れてるだけなんです。では、なぜ洗わなければならなかったのか!!想像できますか?

今回は、この靴に起こったまさかの出来事をお伝えします。

 

あれは秋晴れで天気の良い、今日の午前中のことでした。
いつも通り出社した私は、今日が弊社ツアー「羅臼湖トレッキング」の最終日ということもあり、少し気持ちが浮ついていたのかもしれません。普段通りならあの事件は起こらなかったのに…

弊社「羅臼湖トレッキング」で散策する羅臼湖の散策コースですが植生保護のため、ぬかるんだ道を外れないで歩くのがルールとなっています。
そこで必要になるのが長靴!
弊社オフィスでいつも通り、お客様に長靴を履いて頂きました。そして羅臼湖入口へと車でブーンと25分ほどかけて向かっていた時のことです!

あれ?なんか忘れものあったかな~。あれ?あれれ?靴…長靴…

あ、履き忘れた。

という、弊社前代未聞の事件が発生したのでした。
もうオフィスには戻れないし、来たからには行くしかない!
ドロドロなんて気にしない!!よし頑張ろう!!
っと思った時期が私にもありました。

いざ歩き始めると…

グッチャグチャ~!!
ぎゃーーーーーーーーーー!
冷たいーーーー!!
泥の中に細かな粒子が…痛い。
何かの糞が溶けてる…

歩きだして10分で心が…
改めて長靴様の有り難さを、身をもって感じました。

更に歩くと、慣れました。グチャグチャをしっかりと体感しながら歩くのも面白いものですね。
でも、泥の中は疲れました。

後半の木道は有り難かった…。


なんだかんだで天候は良かったので、最終日に綺麗な景色を楽しめました!


歩き終わりはこんな感じ。
泥の塊です。
時々、羅臼湖散策中にすご~く綺麗な靴で歩いている人がいますが、正しく歩くとこうなりますからね!!!(ぬかるみ具合にもよります)
元の靴は冒頭の画像をご確認ください。

羅臼湖入口の看板にもある通り、長靴を履くのが基本的なルールです。
私のように汚しても良いひとは長靴履かなくてもいいと思いますが、汚れが気になる人は事前に準備して散策しましょうね。

弊社ツアーの「羅臼湖トレッキング」に参加される方は無料で長靴をお貸ししております。今年度は終了となりましたが、来年羅臼湖に行こうか悩んでる方は、是非とも弊社ツアーにご参加ください。

しっかし、最終日にやっちまったなぁ~…

知床ネイチャーオフィス
柴田

逆さ虹

天高く熊肥ゆる秋となりました。
今年はドングリも比較的よく実り、カラフトマスの遡上も多く、
クマたちも、冬眠に備えてよく肥えてきています。

そんなこの時期、紅葉を眺めたり、動物探しをするのも良いのですが、たまにはのんびりと空を見上げてみてください。

昨日の散策中に、上空ににキレイな環天頂アークが見られました。

「環天頂アーク」とは、太陽の上部に出る逆さ向きの虹のようなものです。
もう少しだけ詳しく言うと、雲の中の六角形の氷晶が底面を水平にして安定して空に浮かんでいる時に、入射した光が屈折することで色が分離して見られる、大気光学現象のひとつ。
太陽の約46度上部に見られるもの。です。
なのです。
(それ以上詳しくは聞かないでください。むしろ詳しい方はぜひ教えてください。)

年に数回程度は見られる現象なのですが、ここまでくっきりと見られたのは私も初めてでした。
今回は太陽の周りの暈(かさ、またはハロとも)、太陽の左右に見られる幻日(げんじつ)、太陽と幻日を結ぶ延長線の幻日環(の一部)もよく見られました。

夕陽や日の出だけじゃなく、色んなステキな景色を見せてくれる太陽、時にぼーっと空を眺めてみるのはいかがでしょうか。

知床ネイチャーオフィス
井上

マイタケハウス

深い夏の緑から、知床の森は秋の色合いに変わり始めました。
この時期森を歩くと目に留まってくるのが色とりどりのキノコ。

草の影に、木道の間に、その姿を見つけては「ベニテングタケ!」と嬉しくなったり「???」と図鑑をもっていても首をひねったり。

そして!一番心躍るキノコと言っても過言ではないマイタケ。
そして!今注目の夢のマイタケハウス(勝手に命名)。
ただし見るだけ(涙)

大小のマイタケがひとつの倒木の中で寄り集まって生えています。
取ることはできません(禁止です)ので、食欲をぐっとこらえて、見守ろうと思います。

知床ネイチャーオフィス
佐々木  

じゃんぷ

今年も可愛いジャンプを見る季節がきました!

6月といったらシカの出産がピークを迎える頃。

今日は森を散策していると、元気よく跳ね回る仔鹿に出会いました。
元気が有り余っているのか、暑さでぐったりしている親ジカの周りを
ジャンプして遊んでもらいたそうにしている仔鹿。

ふと、近くには見たことのない人間。
様々なモノに興味があるようで、好奇心の強いこの仔鹿は、
1mも距離が無いくらいまで接近してきました。

お母さんも人間は何もしてこないと思っているのか、
気にする素振りもありませんでした。

こんな可愛い姿を見れるのも今だけ!
近々お越しになる方は、タイミング良く出会えると良いですね!

知床ネイチャーオフィス
柴田

大きな目


さて、この大きな目が特徴の生き物はなんでしょうか。

そうですね。フクロウの仲間!!

 

 

 

 

 

…に見えますが、「ガ」でした。


写真はイボタガという種類で、目のように見えるものは眼状紋(がんじょうもん)といいます。
種類によって、この眼状紋がフクロウの顔にみえたり、蛇の顔に見えるそうです。そのような模様を持つことによって、接近してくる敵を驚かせて追い返す効果があるとか。
上手いこと天敵から身を守っているそうです。

このイボタガはオフィスの出入り口で休んでいたので、近くを通る度に羽を広げて威嚇してきました。
…もう少し林内で休めばいいのにな…。

今時期しか観察できないので、お越しの際は、変わった昆虫探しも面白いかもしれませんね。

知床ネイチャーオフィス 

柴田 春馬

 

尻すべり

今年は雪が少なかった知床ですが、
標高の高い所はまだまだ雪がありますよ~!


数日前の写真ですが、長~い斜面!
ここでの尻すべりが毎年の楽しみ!!
滑走距離が約50m?の斜面は本当に楽しいです。
登りはつらいですが…。

まだまだ雪があると書きましたが、
やっぱり例年よりも雪が少ないですね。
この斜面をいつまで楽しめるか心配です…。

来月の上旬も滑れるといいな~。

知床ネイチャーオフィス
柴田

春がきた。

少し前は日本一暖かくなったと全国ニュースでも放送されていたウトロ。
今は、寒いです。
今現在のアメダスだと道東で一番寒いようでマイナスの気温。
寒暖の差に身体がついていけない…。

さて、桜の開花まで後一カ月はかかるウトロにも春が来ました。
春と言えば何を想像しますかね?
私は、つくしとかフキノトウを想像します。
オフィス周りにはそんな可愛いつくしがニョキニョキ成長中。

つくしは食べれると聞いて食べたことがありますが、調理方法が良くなかったのか、美味しくなかった…。
近いうちに再挑戦しようかな…。

フキノトウも大きく成長!フキノトウは美味しいですね。

まぁ植物で春を感じるのも良いですが、実際に体感して?
私が春を特に感じる場所は、雪の残る羅臼湖!!
道中の斜面を尻すべりしてこそ、春って感じです!
あ~斜面が私を呼んでいる!!早く行きたいな~!

やっぱり春は良いな~。

春♪春♪春♪春♪春♪

そういえば…小学生か中学生の国語でやった
「春でぇむん」ってなんだっけな…。

知床ネイチャーオフィス

柴田