カテゴリー別アーカイブ: 海外

より北国へ・その2

前回に引き続き、アラスカ旅行についてもう少しご紹介します。
今回の旅行は「オーロラメイン」の旅行だったのですが、
そもそもこの時期だと、オーロラメインにせざるを得ません。

というのも、フェアバンクスの緯度はおよそ65度。
知床の44度と比べても遥かに北に位置しています。
そのため冬至の近いこの時期、「日」がものっすごい短いんです。
10時30分頃に上ったと思ったら14時30頃には沈んでいってしまいます。

151226
(ちょうど10時30分頃、夜明けです)

この時間に朝焼けが、と思っていると、お昼といえないお昼を挟み、そのまま夕暮れに移り変わります。
そして、ものの4時間で沈んでいきます。
昼がほとんどないので、夜型生活になるしかないですね。

そんな短いお昼にも、せっかくなので周辺を散策してみました。
スケールこそ違うものの、道東・知床と割と近い部分が多く見られるのがおもしろい所。

151226-2

多く見られた樹はトウヒの仲間とカバノキの仲間。
同じ仲間だと、知床ではエゾマツ・アカエゾマツとシラカバ・ダケカンバが見られます。
こちらは知床のものよりも「とんがり具合」がやや鋭い気がします。

※知床ではモミの仲間、トドマツもかなり多く見られますが、
トウヒもモミも、どちらもクリスマスツリーに使われる樹。
つまり、似たような樹形ってことですね。

151226ー3
(アカエゾマツを思い出させる枝葉)

動物相も共通する部分が多く、
クマやシカ、キツネといった知床でのレギュラーメンバー(?)の他、
リス、ウサギ、ワシ、さらにはビーバー、ナキウサギ、ジャコウウシ、オオカミなど、
聞いただけでワクワクするような動物たちが暮らしています。
(きりがなくなるので、具体的な種名は割愛します。)

今回は季節的な要因もあり、残念ながら動物にはほとんど出会いませんでした。
151226ー4

こちらは出会った?数少ない動物のひとつ、宿のそばで飼育されていたトナカイ。
蹄(ひづめ)周りのもさもさした毛が、周りの環境の厳しさを物語っています。

151226ー5
おまけでヘラジカ(ムース)の剥製。
この巨大な角!
大きな個体では肩高2m以上、体重800kg以上の記録があるとか・・・。
北海道はでっかいどう、なんて言っていられませんね。
地理的に見てもアラスカはものすごく広いですしね。

まだ見ぬ地、まだ出会っていない動物たち、色んな季節。。。
今度は日が長い季節にまた訪れてみたいものです。

さて、今回もそんなアラスカの自然に驚いてばかりでしたが、
例によって我らが知床も決して負けていない点があります。

それは冬の知床で見られる流氷。
海が流氷に埋め尽くされる景色は世界広しと言えど、見られる場所は限られます。
アラスカもお勧めなのですが、遠さ寒さに躊躇してしまう方も多いでしょう。
まずは小手調べ、お気軽に国内旅行で知床に極北の景色を見に来てはいかがでしょうか?

知床ネイチャーオフィス
井上

より北国へ

今月上旬、休みを利用して、
北海道知床よりも、ずっと北の国に出かけてきました。

行ってきたのはアラスカ、フェアバンクスです。
この時期のアラスカといえば、ご存知の方はピンとくるかと思います。
そう、今回のメインはオーロラを見ること!(&撮影も)

フェアバンクスは内陸に位置するため、この時期は晴天率も高く、
4夜観測チャンスがある行程のため、きっと見られると思いつつ、
出発まで不安は拭いされないでいました。

ところが!結果的には、そんな不安はどこへやら。
最終日こそ曇ってしまいましたが、
幸いにも、それ以外の3夜全て美しいオーロラに出会えました!

151224

この時期の平均最低気温が-26℃のフェアバンクス、
過酷な環境ながらも、カメラも問題なく動作してくれました。
温度計がなかったため、実際に何℃だったのか定かではありません。
ただ、ネックウォーマーがないと肌を刺すような寒さが耐え難く、
ウトロでは凍らない部分(まつ毛や鼻の中)も余裕で凍っていたので、
きっと-20℃は大きく下回っていたんだろうなぁ、と思っています。

さて、オーロラといえば、上や下の写真のような、
緑に紫、時に赤色で、カーテンのようにひらひら、
というイメージをお持ちの方が多いかと思います。

151224-2

しかしこれは、人間の目よりも感度の高いカメラを通した様子。
実際はうっすら白っぽく、ぼんやりと緑がかって見えることが多いです。

151224-3

形も、あまり発達していない時は、
こんな「すじ雲」や「もや」のような姿が見られます。
始め見たときは、「これは・・・雲?」と思ってしまうほど。

しかし、いついかなる時も油断なりません。
この「雲」がカーテンになり、ゆらゆらしだしたかと思ったら、
みるみる内にさらに形を変え、空いっぱいをぐわんぐわんと動きまわることがあります。
寒いから、と室内にいると見逃してしまいます。

151224-4

「オーロラ爆発(break up)」と言われるこの現象ですが、
あまりにも、壮大で、素晴らしすぎて、
言葉でうまく伝えることができません。
「すごい!」としか言いようがありません。
もうほんと・・・すごいです。

カメラの画角に収まることなどなく、
ものの数秒の間に空のあっちからこっちに激しく動きます。
明るさもそれまでとは比べ物にならない程で、、
肉眼でも緑や赤色のグラデーションがはっきり見えました。

言葉のみならず、写真でもこの感動の全てはとても伝えきれません。
ちなみに上の写真は5秒間露光した写真です。
この5秒でも明るい部分は光が飽和してしまっていますし、
激しい動きを捕えきれていません。
それほどの速さでぐねぐね、ぐわんぐわんと動いています。
想像よりもずっと激しい、大きな動きに、ただただ驚きです。

151224-5
(別のタイミング、真上方向を撮った写真)

オーロラの発光や動きのメカニズムについては、
かなり小難しい話になり、まだまだ不明な部分も多いようですので、
ここでは割愛させていただきます。

細かい理屈はさておき、
このオーロラ、今までに見た何よりも壮大な、スケールの大きな現象でした。
地球を少し飛び出して、100kmから500kmの上空で起こっていることですしね。
壮大なわけです。
一生に一度は!と思っていましたが、
機会(とお金)があればぜひまた行ってみたいなぁ、と思い直しました。
皆さまもぜひ!

あ、そうそう、オーロラを除いた星空の美しさでは、
知床も負けていませんでしたよ!
(その2へつづく)

知床ネイチャーオフィス
井上