春の兆し

最近は最高気温がプラスになる日も多く、雪融けが進んで
います。
例年よりも少し早めに春めいてきた森のあちらこちらから、
キツツキのドラミングが聞こえることが多くなりました。
昨日のフレペの滝スノーシューハイキングではオオアカゲラに
会うことができました。

ドラミングを行うのは縄張り宣言や求愛の為と言われており、
遠くからでもよく聞こえます。
自分をアピールしないといけないためか、叩いているところを
見ると、枯れていてよく音が響きそうな木の枝を叩いていること
が多いように思います。

気温が上がっているとはいえ、日によってはまだまだ冷え込む
ことも多いのですが、今から春の子育てシーズンに向けて準備
(婚活)しておかないといけないんですね。
彼らのドラミングが聞こえてくると、私たちも春の兆しを感じ
ます。

知床ネイチャーオフィス

角屋