秋の虫

昨日は暴風が吹き荒れたウトロでしたが、今日のは昨日の荒天が
ウソのような快晴で気温も14.6℃まで上がり、暖かい1日でした。
事務所前の日向でハネナガキリギリスが元気に鳴いていました。

左右の前翅をこすり合わせて鳴いているところ。

緑の身体が鮮やかできれいですね。
しかし、草むらに入ってしまうと、保護色となってしまい
探すのに苦労します。

正面から見ると、なかなか愛嬌のある顔をしていますが、
前足は結構凶悪(そうな)とげが生えています。
キリギリスの仲間は肉食性が強いため、この足で獲物をがっちり
捕まえやすくなっています。

実は、事務所前の草むらでは、8月、9月もハネナガキリギリスが
鳴いていました。
天気のいい日はほぼ毎日見かけていたので、何となく愛着も
湧いていたのですが、ある天気の悪い日を境に見かけなくなって
しまいました。別の場所に移動したのか、はたまたお亡くなりに
なったのかはわかりません。

今回鳴いていたのは恐らく別個体でしょうが、今度はいつまで
滞在してくれるでしょうか?

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

LINEで送る
Pocket