逆さ虹

天高く熊肥ゆる秋となりました。
今年はドングリも比較的よく実り、カラフトマスの遡上も多く、
クマたちも、冬眠に備えてよく肥えてきています。

そんなこの時期、紅葉を眺めたり、動物探しをするのも良いのですが、たまにはのんびりと空を見上げてみてください。

昨日の散策中に、上空ににキレイな環天頂アークが見られました。

「環天頂アーク」とは、太陽の上部に出る逆さ向きの虹のようなものです。
もう少しだけ詳しく言うと、雲の中の六角形の氷晶が底面を水平にして安定して空に浮かんでいる時に、入射した光が屈折することで色が分離して見られる、大気光学現象のひとつ。
太陽の約46度上部に見られるもの。です。
なのです。
(それ以上詳しくは聞かないでください。むしろ詳しい方はぜひ教えてください。)

年に数回程度は見られる現象なのですが、ここまでくっきりと見られたのは私も初めてでした。
今回は太陽の周りの暈(かさ、またはハロとも)、太陽の左右に見られる幻日(げんじつ)、太陽と幻日を結ぶ延長線の幻日環(の一部)もよく見られました。

夕陽や日の出だけじゃなく、色んなステキな景色を見せてくれる太陽、時にぼーっと空を眺めてみるのはいかがでしょうか。

知床ネイチャーオフィス
井上

マイタケハウス

深い夏の緑から、知床の森は秋の色合いに変わり始めました。
この時期森を歩くと目に留まってくるのが色とりどりのキノコ。

草の影に、木道の間に、その姿を見つけては「ベニテングタケ!」と嬉しくなったり「???」と図鑑をもっていても首をひねったり。

そして!一番心躍るキノコと言っても過言ではないマイタケ。
そして!今注目の夢のマイタケハウス(勝手に命名)。
ただし見るだけ(涙)

大小のマイタケがひとつの倒木の中で寄り集まって生えています。
取ることはできません(禁止です)ので、食欲をぐっとこらえて、見守ろうと思います。

知床ネイチャーオフィス
佐々木  

ご予約お問い合わせなどご返信遅延のお知らせ

いつも知床ネイチャーオフィスwebサイトをご覧いただきましてありがとうございます。このサイトをご覧の皆様、ならびにご予約お問い合わせをいただきました皆様に大切なお知らせがございます。

2018年9月4日(火)台風21号の影響で20時30分頃から翌7時頃までの停電ならびに、2018年9月6日(木)未明に発生しました「北海道胆振東部地震」により北海道全域が停電しました。そのため、弊社の電話ならびにインターネット回線の使用が不可能となったため、ご予約お問い合わせいただいた皆様にはご予約の可否についてご返答、ご返信ができない状況でした。順次、回答差し上げますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

多くの皆様に大変ご迷惑をおかけしておりますが何卒、ご了承ください。

知床ネイチャーオフィス