寒い寒いっっ

台風が通り過ぎたと思ったら、本日は大変冷え込んでいます。
最低気温2℃
最高気温6℃
そこに更に風が加わりますので大変寒い。

台風の影響により29日昼から本日11時まで閉鎖していた知床五湖は・・・

今季初の雪の上散策でした。
(今日は高架木道だけのご案内。雪は歩道全体ではありません)。
ぎゅっぎゅっと雪を踏みしめる音に、内心ウキウキ・・・とはいえ、木道上で踏み固められた雪は滑りやすいので足元注意です。

本日はスタッフ3名が冬用帽子で出動しました。やはり暖かさがまったく違います。
上着や重ね着も大切ですが、帽子、手袋、マフラーもぜひご準備ください。
ちょっとした日の当たり具合などで体感温度が変わりますので、調整がしやすくなります。

***
そしてご案内が終わり、オフィスに戻ってふとみた海が荒々しくも美しい姿でした。

知床ネイチャーオフィス
佐々木

知床国立公園内の冬季道路情報

知床国立公園内の冬季道路情報です。ご利用の場合は、ご注意ください。

国道334号 知床横断道路夜間通行規制
2017年10月23日(月)~11月6日(月)
通行可能時間帯 9:00~17:00(夜間の通行ができません。)

国道334号 知床横断道路 冬期全面通行止め
2017年11月6日(月)~2018年4月下旬

道道93号 知床国立公園線 知床五湖~カムイワッカの滝間
冬期全面通行止め
2017年11月1日(水)11時~2018年6月上旬

道道93号 知床国立公園線 岩尾別川ゲート~知床五湖間
冬期全面通行止め
2017年11月26日(月)11時~2018年4月下旬

道道93号 知床国立公園線 知床自然センター~岩尾別川ゲート間
2017年12月1日(金)~2018年3月下旬
通行可能時間は 8:00~18:00(夜間の通行ができません。)

知床ネイチャーオフィス

羅臼湖トレッキングも終了です

昨日のウトロは朝方4.8℃まで気温が下がったようです。
知床横断道路も積雪や路面凍結の恐れのため、通行止めになる日
も出てきました。
「羅臼湖トレッキング」もそろそろ終了の時期です。

というわけで、昨日は今シーズン最後の「羅臼湖トレッキング」
をご案内してきましたよ。

生憎羅臼岳は終始雲の中でしたが、標高がやや低いところは
新たに降った雪で白くなっているのが見えました。

(二の沼より)

遊歩道脇には先日降った雪もまだ残っています。

羅臼岳は見えませんでしたが、雪を被った知西別岳は
綺麗でした。

遊歩道周辺の紅葉も一部を残してほぼ終了です。

次に来るのはゴールデンウィークでしょうかね。
それまで約7ヶ月、しばしのお別れです。
(あ!羅臼湖の写真撮るの忘れてた!!)

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

飛びます飛びます

最近は秋ということもあり、紅葉の内容のブログが多いですが、紅葉の他にも秋を告げるあるモノがこちら!

(みなさんご存知?オオウバユリの実)
知床では鹿に食べられて数が減っていた植物ですが、最近は鹿の駆除を行って個体が減ったからか、ここ数年で道路沿いでもみることが多くなってきました。

球根はデンプンを多く含んでおり、エネルギーを摂取しやすいのか、好んで食べていたようです。ちなみに私もかじったことがありますが、ほんのり甘くて美味しかったです。

そんなオオウバユリですが、なかなかに大変な一生で、種子から開花するまでに長いものだと10年以上かかるのだとか。
一生に一度花を咲かせて、秋には実がつき、風の力で飛ばす種。
平均的な数としては、一つの実に約600個は入っているそうです。

そして、いっぱいの種があるとついついやっちゃうのが、こちら!
(フリフリと揺すりたくなる!)
少し揺する程度では、種が尽きずにまだまだ飛びます!飛びます!!
種を飛ばしたい方は、全て飛ばされる前に、お早目にどうぞ。

やっぱり、オオウバユリを揺すると秋って感じですね~。

知床ネイチャーオフィス
柴田

終わり?

さて、前回わたしが羅臼湖に行ったのは、9月24日。
その日から二週間経った今日。羅臼湖に行ってきました!

秋の二週間という時間は大きなもので、この前とは景色が全然違います。
羅臼湖入口付近は綺麗な紅葉でしたが、散策路周辺は全体的に茶色味が強くなってきました。

(二の沼)
でも、高い位置から見下ろすと、まだまだ良い色の木もありましたよ!

羅臼湖周辺の紅葉はまだギリギリ終わってはいない印象ですが、終わるのももうすぐかな~。
そして、少しづつですが紅葉は麓へと下っているので、五湖周辺の紅葉ももうそろそろピークでしょうか。ちなみに、昨日の四湖はこんな感じでした。

木々にもう少し色が着くとなお良いですね。
黄色や赤が湖面に映るの、楽しみだな~。

知床ネイチャーオフィス
柴田

小さな森の生き物

今年は原生林の散策をしていると、小さくてかわいいシマリスたちによく出会います。

3年前のドングリ大豊作の年は、あちらこちらで、それはそれは頻繁に見られました。
しかしその後は一転不作に見舞われ、めっきり目撃頻度が下がってしまっていました。

今年もドングリは多いとは言えないのですが、なぜだか頻繁に遭遇します。
天敵の一種、キツネたちがエサ(リスやネズミなど)不足によるものか、やや数が少な目なことも影響しているのでしょうか?
生態系というものは、「風が吹いて桶屋が儲かる」程ストレートには事が進まないので、はっきりとした理由はわかりませんね。

理由はともかくとして、久しぶりにかわいい彼らに出会えるのは嬉しいものです。彼らは、今はがんばって冬支度中。
あちこち走り回っては食べ物を集め、巣穴に運んでいきます。
早いヤツはもう冬眠に入ってもいい時期です。
山も雪化粧する頃ですしね。
今シーズンこうして出会えるのもあと一月くらいでしょうか。

散策に行くときは、目を凝らし、耳を澄ませて、小さな彼らを探してみてください。

知床ネイチャーオフィス
井上

冬の報せ

冷たい風、かじかむ指先、雲に覆われた山・・・、

これは絶対にきている!と思っていた知床連山の冠雪が昨日やっと見られました!雲が完全に晴れたのは夕方でしたが、連山全ての頭を飾る見事な冠雪です。

夕方ならではの光線が秋の景色に深みを出していい感じです。

(秋の夕暮れが大好きです)

本日は寒さに震えた昨日とはうってかわった最高気温18度(ウトロアメダス)の散策日和。

刻々と雪は解けて行きましたが、一日美しい風景を見せてくれました。

知床ネイチャーオフィス

佐々木

色んな景色

ここ数日で冷え込みが強くなったウトロ。
昨夜は知床横断道路が路面凍結の恐れで閉鎖になり、
知床連山の雪景色を楽しみにしていたのですが、山々は雲の中。
明日、雪景色を見れるかな?

さて、本日はそんな冷え込む中、リピーターO様と原生林を散策してきました。

リピータープログラムでご案内している原生林は、普段とは違った景色。
美しい景色を見る為には、なかなかに厳しい道を登らねば…。

(紅葉が美しい幻の滝?)

(紅葉と沼)
厳しい道を頑張って進むことによって見ることが出来る景色。
紅葉の具合も丁度良く、本当に綺麗でした!

綺麗な景色の他にも、また違った出会いもあります。
今回の原生林散策では、これまた不思議なものが…

画像中央にそびえ立つ枯れ木。
普通の枯れ木と言えば枯れ木ですが、違和感がありますね…。

この違和感、お分かりいただけるだろうか…

なんと、枯れ木中央の幹がほぼほぼ無いのです。
拡大写真が下記。

普通なら倒れていてもおかしくない幹の細さですが、
先月の台風による強風にも耐えて頑張っていたようです。
今後、いつ頃倒れるのか観察してみたいものですね。
でも、ざっくりとした場所しか覚えていないので、
もう見ることはないでしょうね~。…残念。

では、また何か不思議なモノや綺麗な景色があったらブログにアップさせていただきます。

知床ネイチャーオフィス
柴田

TVCM「THERMOS-サーモス-」再OnAirのお知らせ

いつも知床ネイチャーオフィスwebサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

今年の3月にアウトドアボトルブランド「THERMOS-サーモス- 知床編」のTVCMがOnAirされました。一度、放送は終了しておりましたが、再度放送されることが決まりました。


期間11/1~11/30
地域:関東・北陸以南

公式サイトにてCM動画が配信されております。合わせてご覧ください。
THERMOS-サーモス-

北海道での放送は残念ながらありませんが、たくさんの皆様に知床の魅力が伝われば幸いです。

知床ネイチャーオフィス