五湖除雪2016

本日、知床五湖除雪作業がありました。
北海道や環境省、知床財団や各ガイド事業所など、
知床五湖に関わる人々による恒例行事(?)です。

今年は知床ネイチャーオフィスからは藤川と井上が参加してきました。
あいにくの霧雨ならぬ霧雪がちらつくお天気の中、
しっかり働いてきました。
160418

昨冬の雪が少な目で、ぐんぐん雪解けが進んでいる今季の知床。
事前の話でも、知床五湖の積雪は例年の半分程とのことでした。

実際に行ってみても、やはり例年に比べ段違いの少なさ!
一湖・二湖ショートコースの作業は、
いつもの半分以下の時間でサクッと終わってしまいました。

こちらが作業後の二湖の展望地。
160418-2

雪の多かった一昨年と比べてみると、違いが一目瞭然ですね。
これ、同じ場所なんです。
雪の量でいうと、去年も大変だったようですね。

さて、それじゃあ今年は楽な思いをしたかというと、
そういう訳ではないのです。

例年は一湖・二湖の除雪のみで手一杯なのですが、
今年は時間(と体力)が空いた分、五湖全周の除雪作業もやってきました。
とはいえ、さすがにコースも長いため、全て完璧には除雪ができていません。
明後日4月20日のオープン時は一湖・二湖のみのオープンになるかと思います。
今後の天気・雪解けの推移次第では、
いつもより少し早めのGW頃に五湖全周が歩ける、かも!?

まぁそんな私たちの歩ける?歩けない?の悩みなどお構いなく、
既に先客は歩いているんですけどね。。。
160418-3
(キッチリと遊歩道上を歩くヒグマの足跡)

これからGWまで、そしてGW期間中も、
良いお天気に恵まれることを祈りましょう。

知床ネイチャーオフィス
井上

LINEで送る
Pocket