季節を先取り

昨日も今日も最高気温は10度越えと、
着実に暖かくなってきている知床ウトロです。
(10度じゃ寒い!と言われるかもしれませんが。)

とはいえ、暖かい日が続いたからとそんなに一気に季節が進むわけではありません。
そんなに待ち切れない!と、一足先に「夏」らしいものを見に行ってみました。

160408

夜空を彩る天の川!
別にどこかに出かけたわけではありません。
そもそも、南国に行こうとも、南半球に行こうとも、
地球の反対側にある星たちは見られませんしね。
(今だとペガサス座など秋の星たち)

一方星たちは、太陽や月と同じように、東から西へと動いています。
そのため、おそーい時間になると、次の季節の星たちが段々と東の空に昇ってくるのです。
「なんのこっちゃ?」という方は、理科の教科書や、
星座早見盤とにらめっこしてみてくださいね。

160408-2

葉の落ちた枝を見ると、やはりまだ季節は春初めの景色です。
一等星の多い冬の星空もキレイですが、やはり夏の空は華がありますね。
夜空の星たちを見に行こう!」ツアーが始まるころには、
適度な時間にも夏の星たちが見られるはずです。
(ちなみに今回の写真は真夜中、午前3時20分前後です。)

※ツアーは月明かりがある日は月観察メインのご案内です。
美しい月明かりも、星の観察には影響大です。
月も魅力的な天体ですが、「星が見たい!」という方は、
お越しの日の「月齢」と「月の出、月の入り」時間もご注意ください。

知床ネイチャーオフィス
井上