進撃のクマゲラ

今年は原生林内でクマゲラの真新しい食痕を目にすることが
多い気がします。
彼らは木を穿って樹木の中に巣をつくるアリ類を主に捕食
します。
こんな食痕も、

160319

近づいてよく見てみると
160319-2

中には力尽きたアリたちが累々と…
160319-3

巣に穴をあけられて出てきたところを冬の低温で動けなくなって
しまったのでしょうか。
それとも、クマゲラの食べ残しでしょうか。
樹木にとっては内部の虫を食べてくれる有難い存在である
クマゲラも、アリにとっては脅威です。
アリにそんな感情があるのかどうかはわかりませんが、
自分の棲み処を自分たちよりも何倍も大きな存在に壊される、
そして食べられる…。

何やら恐ろしいことですね。

知床ネイチャーオフィス
角屋

LINEで送る
Pocket