かくれんぼ

先週は暖かな日が続き、春が来たかと思っていたのですが、
ここ数日は雪も降って冬へと景色が戻りつつあります。

そのような雪降る知床ですが、雪降る中の散策は気持ちのいいものです。
トドマツの枝や葉に積もる雪は、いつ見てもクリスマスツリーのようで綺麗ですね。

さて、そのトドマツですが、上手いこと枝や葉を利用してかくれんぼをしている生き物がいます。160326momonga
(写真のどこかにかくれんぼしている生き物がいます)

ぱっと見てお分かりになった方はさすがですね!
枝や葉に雪も積もっていますので、すこしわかりにくいです。

ヒントは写真中央でお食事中の生き物。

お分かりになりますか?

※生き物を拡大した写真が↓にありますので、自力で探したい方はご注意ください。

160326momonga2
(トリミングしました。枝が被っていますが…)

皆さん、もうお分かりですよね?
そうです、モモンガです!!
こちらを向いて、トドマツの葉を食べている最中。

モモンガの個体によっては周りを気にしないのか、目立つ所で食事をするモモンガもいますが、今回は近くでカラスが鳴いていたので、襲われないように絶妙なポイントでお食事していたのでしょうか。

モモンガ、いつまで見やすいかな~?

知床ネイチャーオフィス
柴田

冬の再来?~流氷情報番外編~

本州では桜が開花したり、知床では雪解けが進んだりと、
春めいた話題が増えてきた今日この頃。
そしてとうとう3月18日には、「流氷最新情報ブログ」でも、
今季の更新終了宣言をしたところでした。

・・・ところでした、が。

なんと昨日から今日にかけ、再度流氷が接岸してしまいました!
一昨日には、高台から見ても見渡す限り青い海、
遥か彼方に微かに氷があるくらい、でした。
「今年も冬が終わったな。。。」と勝手に思っていた程です。
まさかの流氷に、本当にびっくりです。

まるで流氷初日のような接岸っぷりをご覧ください。

160322
10:40頃。この時点で既に大分近づいてきていました。

160322-2
11:05頃。みるみる内に手前の岩礁まで到達。

160322-3
11:15頃。接岸してしまいました。

160322-4
12:00頃。隙間も詰まってしまっています。

今季は流氷も安定せず、接岸したり離れてなくなったりを繰り返していました。
今回で4度目?の接岸かな?

事務所前は一ヶ月前と同じような景色になっています。
とはいえ、やはりもう春は間近。
外に出た時に感じる空気は確実に変化してきています。
(恐らく)最後の流氷、どれだけ残ってくれるでしょうか?

知床ネイチャーオフィス
井上

第1回NHK投稿映像大賞北海道ブロック地域賞 受賞

160320

いつも知床ネイチャーオフィスのHPをご覧いただきまして、ありがとうございます。

2016年3月18日に弊社の藤川が、第1回NHK投稿映像大賞北海道ブロック地域賞を受賞しましたことをご報告させていただきます。

2015年8月14日に弊社の事務所前をウトロ港へ向かって泳ぐヒグマを撮影しました。知床のヒグマが人を気にしない個体が多くなってきている傾向がみられ、観光客への注意を促すとともに、人間とヒグマとの共生を考えるきっかけになることが評価され受賞いたしました。

知床ネイチャーオフィスでは、知床の自然を多くの方に伝えるべく活動を行っております。地域の皆様、知床を訪れた多くのお客様に支えられ、今回、栄誉ある賞をいただくことができました。今後もより多くの皆様に知床の魅力を伝えるべく邁進してまいります。

知床ネイチャーオフィス


3月22日 追記

日ごろ大変お世話になっている知床オプショナルツアーズ様よりお花をいただきました。ありがとうございます。

160320-2

 

進撃のクマゲラ

今年は原生林内でクマゲラの真新しい食痕を目にすることが
多い気がします。
彼らは木を穿って樹木の中に巣をつくるアリ類を主に捕食
します。
こんな食痕も、

160319

近づいてよく見てみると
160319-2

中には力尽きたアリたちが累々と…
160319-3

巣に穴をあけられて出てきたところを冬の低温で動けなくなって
しまったのでしょうか。
それとも、クマゲラの食べ残しでしょうか。
樹木にとっては内部の虫を食べてくれる有難い存在である
クマゲラも、アリにとっては脅威です。
アリにそんな感情があるのかどうかはわかりませんが、
自分の棲み処を自分たちよりも何倍も大きな存在に壊される、
そして食べられる…。

何やら恐ろしいことですね。

知床ネイチャーオフィス
角屋

まだ安心?

今週のウトロはとても暖かく、雪解けが加速したように感じます。
断崖付近の雪原は、雪が解けて多くの草がすでに顔を出しており、シカ達のたまり場に。昨日は約50頭たまっていました。
160319shika1
(写真内には17頭のエゾシカ)
今年は昨年よりも早く、3月5日にクマの目撃情報があったので、そろそろシカを狙って追いかけていると思っていたのですが、まだ追いかけてはいない?ようです。
160319shika2
(食事したり休憩したりしているシカ)
大抵の場合、クマに追いかけられたシカは人間を見ただけでもすぐに逃げたりすることが多いのですが、昨日のシカは人間が近づいても全く気にしないで食事をしたりとのんびり。
この調子だとまだ安心して過ごせている?ようですね。

そろそろ本格的にクマの追いかけっこが始まると思いますので、散策の際はシカの動きにも注意して、クマと遭遇しないように気を付けてください。

知床ネイチャーオフィス
柴田

ご予約時の返信メールが届かないことに関する重要なお知らせ

たくさんの皆様から自然体験プログラムのご予約をいただいおります。ありがとうございます。ご予約をいただいたときに、弊社からの自動返信メールならびに弊社からの返信メールが届かないというご連絡を多く頂戴しております。自動返信メールが届かない、自動返信メールから3日経っても弊社からの返信メールが届かない場合は、お手数をお掛けいたしますが、お電話にてお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

弊社からのメールが届かない場合の多くが、メールアドレスの誤入力、フリーメール(Gmail、Yahooメール、Hotmailなど)や携帯電話のメールアドレスとなっております。サイトからご予約いただく場合は、返信メールが届かない可能性があることをご理解の上、ご利用ください。可能な限り、プロバイダ契約で使用されているメールアドレスのご使用をお願いいたします。

1. フリーメールのアドレスをご利用されている方は、迷惑メールのフィルタ設定によって、迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動振り分けされている可能性がございます。必ずご確認ください。また、弊社のメールアドレスを迷惑メールのフィルタから除外する設定をお願いいたします。

2. 携帯電話のメールアドレスをご利用されている方、メールの設定がガラケーで使用していた設定のままスマホへ機種変した場合、PCからのメール受信が拒否される設定になっている場合がございます。携帯電話メールの受信設定変更をお願いいたします。メールアドレスの設定によって迷惑メールフォルダなどに振り分けられている可能性もございますので、迷惑メールフォルダならびにゴミ箱をご確認ください。迷惑メールフィルタに振り分けられている場合は、フィルタから除外する設定を行ってください。

また、携帯電話のメールアドレスで次のアドレスは、PCからのメールを受信できませんので、携帯電話のメールアドレスの変更をお願いいたします。
① xxxx.@xxxx.ne.jp @の直前に(.)ドットが使用されている場合
② xx..xx@xxxx.ne.jp @より前に(..)が連続して使用されている場合

上記のアドレスは、RFC(Request for Comments)に認められていないアドレスとなり、Outlookなど多くのメーラーから送信できない対象となります。RFC (Request for Comments) とは、IETF (インターネット技術標準化委員会) で公開されている、インターネット技術に関する標準仕様文書です。

ご予約にあたりまして、上記の点をご理解の上、メールアドレスの設定などご確認をお願いいたします。

知床ネイチャーオフィス

波にゆられて

場所によっては、まだ海に流氷が漂っていた昨日のこと、
氷の上に転がる白い塊を発見しました。
160312-1

これは!
そう、ゴマフアザラシです!

拡大して見てみると、こーんな感じ。
160312-2

今年は、知床をはじめ、北海道沿岸の流氷が少なめでした。
ウトロの流氷もぐっと接岸したり沖に離れたりと忙しなく動いていたためか、
このように、プカプカと漂う氷上のアザラシに出会うことがあまりありませんでした。
(正確には、望遠鏡で確認できる距離にはいたのですが、
近くで観察できる個体が少なかったです。)

この日も、氷の上にいるアザラシは少数ですが、海を泳ぐ姿は多数見られました。
流氷はもう沖に離れてなくなってしまいそうです。
こんなアザラシの姿も今季は見納めかな?

(以下、続きにてアザラシのかわいい姿をご覧ください。)
続きを読む 波にゆられて

モモンジカ

最近は暖かな日差しでウトウトしているシカをよく目撃します。
厳しい冬を乗り越えた彼らにとって、今日の陽気は春そのもの?
冬を乗り越えて一段落。ぼーっと日向ぼっこしてのんびりです…。
160311shika
(フレペの滝の雪原?草原?でウトウトしているエゾシカ)
今日の散策ではそのようなウトウトしている可愛らしいシカ達をゆっくりと観察することができました。

今回は前回アップした「モモンゲラ」までの遭遇とはいきませんでしたが、今日もラッキーな出会いがありましたよ!!

前回の日記をご覧になった方ならタイトルでお分かりになると思いますが…久々にモモンガの観察ができました!!
160311momonga
サービスよく見やすい位置に現れ、そのまま空中へと滑空していきましたが、モモンガはいつ見ても可愛らしいですね。
日が出ているときに見やすいのも今月まででしょうか。

いやぁ~、まだまだ観察したいですね!!!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

春が来る?

先日、知床の気温はプラス5.3℃にまで上がりました。
本日もマイナス1℃と暖かめ。

道路脇、特に斜面は雪解けがどんどんと進み、
フレペの滝周辺の草原や海岸沿いでも既に土が見え始めている場所もあります。
そんな土の上をゴジュウカラがちょこちょこと飛び回りながら探っていました。

20160307sitta

このゴジュウカラはよほど夢中だったのか、
近くで景色を眺めていてもお構いなしに地面をつつき続けていました。

私には大きく息を吸っても感じることはできませんでしたが、
彼ら野生動物にはかぐわしい土のにおいが感じられるのでしょうか。
冬から春へ、時にはまた冬へ、
行きつ戻りつ、進む季節の変化が楽しい時期です。

知床ネイチャーオフィス
佐々木