まだ起きてまーす

ウトロは本日もお昼頃雪が降りました。
沢山降るわけではないけれど、最近は雪がちらつく日も多い
ので、辺りはすっかり冬景色です。
国立公園内は岩尾別橋から先の道路が冬期通行止めになっている
ためほとんど車も通らず、道路上にもうっすらと新雪が積もって
います。

夏のご案内シーズンも終わり、しばらく公園内に行くことが
なかったのですが、本日久しぶりに車で走ったところ、道路上に
ベタベタとついていた足跡がこちら↓

12月に入ってから目撃情報もほぼ聞かなくなりましたが、
まだまだ動いているようですね。
生憎メジャーを持っていなかったためサイズは測れません
でしたが、私の手と比較するとこんな感じでした。
(ちなみに写真上が後ろ足、下が前足の跡です。)
雪が積もった森の中よりも除雪してある道路の方が
ヒグマも歩きやすいんでしょうね。
そこそこ大きな糞も落ちていましたよ。

何を食べたのかな?

遅いと1月初旬頃まで活動していることもあります。
散策の際はお気をつけ下さい。

知床ネイチャーオフィス

角屋

まだ…まだなんだ。

大量の積雪は、まだかな~。早く降れ~。
最近のウトロは、雪が降っても数日で溶けてしまうという日々の繰り返しが多いです。

お陰様で、「シャバシャバ」や「ガリガリ」や「ツルツル」だったりと、路面状況が大きく変わるので、運転がしづらいです。
あえてツルツルの場所で滑って遊ぶのも面白いですけど。笑

(さっと除雪した後)
まだオフィス前も、比較的楽に除雪できる程度の積雪量。概ね例年通りです。
11月にドカッと雪が積もったりしたので、意外と早く積もるのかと思っていたのですが、私の予想は外れたようです。

例年1月にドカ雪が降ることが多いので、もう少しの辛抱?
雪遊びのアレを早く安全にする為にも、早急に大量の降雪を求む!
流氷も早く来てほしい。雪も早くいっぱい降ってほしい。そんな欲張りな願いをしてしまう今日この頃

あ、大雪といえば、高確率で何らかの自然現象(荒天)と共に現れると昔(数年前)から言い伝えられている、伝説級のリピーターS様。シーズンが始まる前に是非、雪遊びを楽しみにしている私の為にも一度知床にお越しくださいね。お早いお越しをお待ちしております。笑

知床ネイチャーオフィス
柴田

雪と虹

本日は、12月の北海道としてはとっても気温が高く、
ウトロも最終的に7度まで上がったようです。

更にはそこに強風も加わってもう大変!
雨やら、雪解けのしずくやら、波の飛沫やら、
色んな「水」が乱舞していました。

そのおかげか、嬉しいこともひとつ。
空には大きなアーチが広がりました。

冬になると、気温は基本氷点下。
雨が降ることもほとんどありません。
ですので、雪景色と虹の共演はあまり見られない珍しい景色なんです。

なにはともあれ、真っ白に覆われる冬の知床にとっては、貴重な彩りでした。
雨風に感謝です。

知床ネイチャーオフィス
井上

暖かいけど…そこそこ寒い

今日のウトロは現在約4.5℃。まだ気温は高くなる予報。
ここ最近はマイナスの気温が続いていたので、気温だけ見ると暖かい気がする?

車のボディに着いた雪がすぐ解けたり…

テラスの雪も解けたりと…実際に見ても気温が高いのはよくわかります。
昨日はサラサラの雪でしたが、今日はベチャベチャです。

気温は高いのですが、体感温度はそこまで暖かく感じません。
なぜなら今日は、南寄りの風が強く、ウトロアメダスは風速約11mを観測しているから。
現在道東で一番風が強いようです。更に少し雨降ってる…。
風が当たらなければ、日がさしていて暖かくも感じますが、風があたると体感温度としてはそこそこ寒いです。

そんな暖かい日も今日だけ?明日、明後日は一日通してマイナス予報。
路面の凍結具合が気になります。
ツルツルかな~。

転倒して怪我しないように気を付けなきゃ!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

つるべ落とし

師走に入り、冷え込む日も増え、日の短さを感じる今日この頃です。
秋の日はつるべ落とし、というように、日があっという間に暮れてしまいます。
知床は雪も積もり、秋というよりは初冬の景色ですけどね。

ところで、一年で一番「日照時間」が短い冬至は、今年は12月22日。
一方、最も「日没時間」が早くなるのはその1~2週間程前、ちょうど今頃なんですね。
ちなみに、最も「日出時間」が遅くなるのは逆に冬至の1~2週間程後になります。
(なんだか昨年も同じようなことを書いていた気がします。)


本日15:32頃、事務所からの夕陽です。
本当に早いですね。
この後10分も経たぬ間に、チャシコツ崎の向こう側へと落ちて行きました。
海を空を、そして積もった雪を赤く染めたのも束の間、4時にはもう真っ暗になってしまいます。

でも、冬のアクティビティが楽しめる頃には、もっと日中の活動時間も伸びているのでご安心ください。
秋の夜長に、冬の計画を立ててみてはいかがでしょう。
流氷、スノーシュー、冬ならではの魅力たっぷりですよ。

知床ネイチャーオフィス
井上

塩、汐、潮

寒ーい北風も強くなり、冬って感じになってきましたよ!!

冬といえば、雪、流氷!
まぁ、雪はそこそこ降りましたが、まだまだ足りないです。
雪いっぱいの景色も流氷同様に、概ね1月半ば以降って感じですね。

さぁ、今の時期の冬の景色といえば何か…そう、塩!汐!潮!!

「冬がきた」 → 「強~い北風が吹く」 → 「でか~い波発生」 → 「波が岩礁等に強く打ち付けれる」 → 「波がバシャバシャっと飛び散る」 → 「ベタ~っと辺り一面潮まみれ」 → 「あぁっ~!早く流氷来てくれ!!」と懇願

上記のような流れになるんですね~。
流氷が来れば海に蓋をして静かなものに。あぁ、早く流氷来い…。

(少し波が高くなってきたかな)
まだ静かな海ですが、荒れに荒れると写真奥の灯台は波に消えます。

少し波が高くなるだけで、事務所の窓はまるで擦りガラスのように。

(少し前に海が荒れ、潮が付着した窓。何から何まで潮まみれ)
洗ってもすぐに白くなる。洗うタイミングが悩ましい。
天気予報を確認した所、多分来週は荒れる日が有りそうなので、荒れ具合をお伝えできればと思います。

まぁ、海が荒れるのも早く流氷が来れば解決される事。早く流氷来~い!!
さて、そんな流氷ですが、今現在は平年より多そうです。このまままとまって南下してほいしいものです。
今年はどれくらい来るのかな~?

知床ネイチャーオフィス

柴田

餌探しが大変

ウトロは昨日と一昨日の気温が日中でもプラスになりません
でした。
お天気は良かったですがそんな気温のためか3日前に降った雪も
あまり融けず、風が吹くと寒さが身にしみます。

道路脇に小鳥たちがパラパラと降りてきたので見てみると、
スズメの群れでした。
雪の上に顔を出している草本類の種を食べているようです。

1本の草に10羽も集まって鈴なり状態。

今はまだ積雪も少なく、こうしてまだ餌にありつくことが
出来ますが、もっと雪が積もればそれすらも難しくなります。
スズメに限らず、動物たちにとっては厳しい季節が近づいて
います。

今日から数日は気温も上がるようですので、多少は雪も融ける
かと思います。
本格的な冬に備えて、その間に少しでも沢山食べられると
良いですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋

今日はアレをやりましょう

降る降る降る降る降る降る降る降る…雪が降る。

先月末から時折降っていた雪ですが、全体的に溶けて無くなり、今日また積もり始めました。

今朝はパラパラと降るだけで、こんなには積もらないだろうと思っていましたが、あっという間にまた雪景色へ。

(事務所前のテラスもこんな感じ)
そこそこ雪が積もると、アレをやるしかないってことで、アレにチャレンジ!

(そう、この姿勢は…ダイブ!! アイ キャン フラーイ!)

(ヒュ~ン…ドンっ!うっ…)
い、痛い。ついつい飛んでしまったが、雪が少なすぎた…。
胸強打により気管に違和感。そして脳が揺れている感じが…。
※飛び込む時には、しっかりと積雪量を確認しましょう。

(約15cmくらいの積雪でしょうか)
今回の飛び込みが今シーズン初の飛び込みですので、記念すべき飛び初め!ヒンヤリして気持ちが良い!
でも、来年からはもう少し積雪量が多くなった時に飛び込みます…。

残念ながら、今日降った雪は多分あと数日で溶けると思います。しっかりと積もるのはいつかな~。
早くフカフカの雪に飛び込みたい!!

知床ネイチャーオフィス
柴田

絶対?多分?ほぼほぼ?うん…逃げません!

数日前のとある川の湧き出し付近。
川を覗くと、何匹かの魚影がスイスイと泳いでいました。
一応防水?のスマホを沈めて、まず一枚。

(お腹が赤っぽい魚が何匹か)
スマホでも綺麗に写るもんだな~と感心しながらもう一枚。

(ズームして撮った写真がこちら)
なかなか可愛い顔した魚が複数。オショロコマです。
このオショロコマ、逃げないんです。
上流でバシャバシャ動いても、逃げない。
60cmも距離が無い所でスマホを沈めても、逃げない。
40cmも距離が無い所でスマホを沈めると、わずかに逃げる?
まぁ、ほぼほぼ逃げないんですね。
他の生き物に襲われる経験が無いのでしょうか。変わった魚。

さて、オショロコマですがイワナの仲間でサケ科の魚です。
サケ科の魚なので、産卵行動もシロザケ等と基本的に同じです。
シロザケと違う所は産卵しても死なない。ほとんどは河川で一生を終える。(まれに海に降りて大型化するものもいるようです)
そんなオショロコマの産卵は10~11月と言われているので、時期的にもまだ産卵行動を見れるかなと思ったのですが、残念ながら観察できませんでした。でも、可愛い顔を見れてよかった!来年リベンジかな。

そんな今回の観察で改めて分かったのは、オショロコマは警戒心がほぼないこと、防水スマホは優秀といった所でしょうか。

来年は防水スマホを流氷の浮かぶオホーツクに沈めてクリオネ撮ってみようかな~。…さすがに壊れるか?

知床ネイチャーオフィス
柴田

白く寒く

昨晩から降った雨時々みぞれ時々雪のため、
ウトロ市街地も、今シーズン初の積雪になりました。
といってもうっすら2~3cm積もったかな?という程度。

しかし、その程度の時でも油断ならないのが知床五湖。
200m程の台地上にある五湖周辺だけは、別世界でした。
遊歩道どころか駐車場ですら約10cmの積雪、除雪される前は長靴必須な状況。

もちろん遊歩道内、森の中は雪まみれで真っ白。

五湖展望地と看板もご覧のあり様です。

この時期にしては中々の積雪。
湖越しの知床連山、という一般的な景色は望めずでしたが、
代わりに今日の、このお天気ならではの風景に出会えました。
お越しの方は、一足先に冬気分を味わえたのではないでしょうか。

雪の白さも、冷え込む寒さも、冬の風情の一つ。
(今日は0~2度、まだそれ程でもないですね!)
明日以降数日間天気が良い予報ですので、雪はすぐに融けてしまうかもしれません。
この景色に出会えるかどうかはタイミング次第ですが、
この時期にお越しの際は、防寒対策と雪まみれになる心の準備をお忘れなく。

※ちなみに、冬の知床五湖は湖が結氷し、その上は雪で覆われて雪原のようになります。
ですので、今日の知床五湖はまだ「晩秋から初冬」の景色ですね。

知床ネイチャーオフィス
井上

知床ネイチャーオフィスのスタッフが日々の自然の様子をご紹介します。このblog内の文章・写真の無断転載・転用はしないようお願いいたします。