紅葉の最近のブログ記事

日によってはフリースが欲しい気候になってきました。

散策中もあちこちで秋の気配を感じられます。

 

まだ一部だけですが、ハウチワカエデの葉も色づいてきています。

20140921kouyou1.jpg

 

昨年は、多くの樹が、キレイに紅葉することなく散ってしまっていました。

特に顕著だったのがダケカンバ。

でも今年は、枝先の葉からまっ黄色に色づいているのを目にします。

20140921kouyou2.jpg

 

順調ですね。

ぐっと冷え込むとまた更に深く色づいてきてくれるはず。

今後の変化に要注目です!

 

知床ネイチャーオフィス

井上

先日、スタッフ佐々木と森の中へおでかけしてきました。

角屋131026_ポンホロ.JPG

お天気も良く景色も最高!!羅臼岳もきれいに見えてましたよ。

紅葉した木々もところどころ見え、

角屋131026_ハウチワ.JPG

足元をふと見ると、ツルリンドウの実ついていました。

角屋131026_ツルリンドウ2.JPG

個人的に好きな実の一つです。深紅の実の表面がつやつやとしてとても綺麗。

右の実は誰かに食べられたのでしょうか?

私が触るのはなんだか憚られて、写真を撮るだけにしました。

紅葉の赤、木の実の赤。秋の森は彩り豊かですね。

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

先日、カメラ撮影のガイドで紅葉の知床をお客様と一緒に回りました。

今年の2月、3月に冬の知床を撮影しにきて下さったのですが、

今回は紅葉を狙いに。

 

今回で3回目になりますが、一緒に回ると色々と勉強になります。

知床峠周辺でとった紅葉の写真ですが、

私なんかは

 

1020-1.jpgこのように写真を撮りがちですが、

その方に構図を教えてもらい写真を撮ってみますと...、

 

1020-2.jpgまったく違ったものに感じます。

なんてったって羅臼岳の迫力が違いますね。

 

どうしても全部を入れたくなりますが、一部削るというものありなんですね。

私は素人ですから、見返した時に

「以前行ったあそこだね~」

なんて話ながら程度でも良いのですが、

今回このブログなどで皆さんにお見せする写真は

より素敵知床をご案内出来るようにならなければと感じた一枚でした。

 

(だいぶ朝夜寒くなってきて、家の暖房機をつけるかまだ我慢するか悩んでいる もっくんby小林)

朝晩は冷え込むようになってきましたねぇ~。毎朝車は朝露でびっしょりです。

冷え込むとともに紅葉具合も随分と進行してきましたよw

111012ni-1.JPG
(10月11日 知床五湖3湖)

昨日の「知床五湖一周ツアー」では、パーフェクトな水鏡。湖畔の木々の彩りが映り込んでいました。

111012ni-2.JPG
(10月12日 フレペの滝遊歩道)

フレペの滝の遊歩道では、枯れたワラビやハンゴンソウが草原を茶色に埋め尽くしています。この画像ではよくわかりませんが、奥の森も色づき始めていますよ。

111012ni-3.JPG
(10月12日 知床自然体験1日コースにて)

原生林の中では、ツタウルシの紅葉が目立ちます。日当たりのいい場所のハウチワカエデも、いい色になってきました♪

あっという間に駆け抜けていく北国の秋。今月末には紅葉も終わってしまっていることでしょう。一瞬の鮮やかな秋の景色をお見逃しなく!!

(我が家のコタツも稼動し始めた 西尾)

知床ネイチャーオフィス

 

一昨日(10月4日)のことになりますが。

一年に一度は登りたい!ということで、思い切って羅臼岳へ。

中腹以上はうっすらと白く見える中でしたので、危険のなく歩けそうな範囲で紅葉を見にでかけました。

111005rausudake1.JPG

現在は紅葉は中腹辺りまで下りてきていて、極楽平~仙人坂付近で秋らしい色彩が見られます。

今回の積雪で、仙人坂付近より上の登山道は雪に覆われていました。

足元注意!とはいえ、久しぶりの雪の感触がなんだか嬉しい♪

 

そして、大沢が・・・・・・冬でした!!!

(下から見ると、三峰岳と羅臼岳の間で、毎年最後まで雪が残っている場所です)

111005oosawa.JPG 

よし、帰ろう!

迫力ある冬景色に満足し、引き返してきました。

(降りてきた方に聞いたところ、上は案の定、真っ白で極寒だったようです)

 

秋から冬へ、ちょっとした季節旅行を味わうことができました!

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト