夏の花の最近のブログ記事

今週に入り、暑さも少し落ち着き過ごしやすい日が多くなりました。
とはいえまだ8月、油断はできませんね。

私たちが毎日のお天気に一喜一憂している間にも、
季節は着実に進んでいます。

ウトロ港にあるオロンコ岩の植物たちも、そろそろシーズン終盤に近づいてきました。

20140821oronko1.jpg

鮮やかな紫色のエゾトリカブトが見頃です。
トリカブトといえば、きっとどこかで聞いたことがあるでしょうか。
毒草として有名ですね。
エゾトリカブトはその中でも特に毒性が強いものです。
花の形も独特ですし、不思議な魅力があります。

他には、ナガバキタアザミやエゾノコギリソウ、ヤナギタンポポなど、
大輪のユリや壮大なセリの頃に比べると少し地味ですが、まだまだお花は楽しめます。

20140821oronko2.jpg

ナワシロイチゴやハマナスの実もなっています。
20140821oronko3.jpg

元気をもてあましている方(階段が230段程あるため)、ぜひお立ちよりください。

井上
最近は暑い日が増えてきました。
といっても、20度ちょっとだと道外のお客様には涼しい!と言われてしまいますが。

森の緑もすっかり夏色です。
ウトロ港にあるオロンコ岩の上も、段々と夏の装いに変わってきています。

20140708oronko1.jpg

エゾカンゾウの鮮やかな橙色は見られなくなってしまいましたが、
頂上付近ではオオハナウドやアマニュウなど、壮大なセリの仲間が見頃です。
他にもチシマアザミやコウゾリナなど、背の高めの草が元気に生い茂っています。

がんばって登るには230段ほどの階段が待ち構えていますが、
その途中でもミヤマラッキョウ、エゾノキリンソウなどのお花が励ましてくれます。

20140708oronko2.jpg
(イブキジャコウソウ)

20140708oronko3.jpg
(ヒオウギアヤメ)

青いオホーツク海もキレイです。
お時間・お元気のある方はぜひ登ってみてください。

井上

最近森の中を散策していると、地面に落ちている白い花がよく目につきます。
さて、何の花でしょうか。

あっちこっちに散っているもので、こんなとこにもあり、

20140621miyamamatatabi1.jpg

あれ?マツの花?なんて間違われてみたり。
でも上から落っこちてきただけ。違いますね。

ではこの花、何の花かというと・・・

20140621miyamamatatabi2.jpg

ミヤママタタビというツル植物のお花でした。

横枝を広げた樹だと、歩きながらもふと視界に入ってくるのですが、
他の樹に巻き付いた状態だとあまり気づかれないようです。
足下に白いお花を見つけたら、上の方を見回してみてください。

ちなみにこのミヤママタタビ、ネコが大好きなあの「マタタビ」の仲間なのですが、
以前私の実家のネコにお土産で持っていったことがあるのですが、
残念ながらあまり喜んでいませんでした。
成分が違うんですかねぇ。

井上
ウトロ港そばにあるオロンコ岩では、日に日に緑が濃くなってきています。
そんな中、一際目を引く鮮やかなオレンジ色のお花が咲き出しています。

20140606oronko1.jpg

エゾゼンテイカです。
エゾカンゾウ、ニッコウキスゲなど色んな名前がありますが、
どれも同じ物をさしているので、お好きな名前で呼んであげてください。
(エゾゼンテイカ=エゾカンゾウとニッコウキスゲ=ゼンテイカを別とする説もあります。
 私には見分けがつきませんが・・・。)

また、これまた鮮やかな黄色のセンダイハギは今が見頃です。

20140606oronko2.jpg


豪勢な緑の葉っぱたちに埋もれてしまいがちですが、
小さな花、目立たない花も咲いています。

20140606oronko3.jpg
(スズラン)


20140606oronko4.jpg
(オオアマドコロ)

オレンジや黄色と知床連山の景色も素晴らしいですが、
行かれた際は、ぜひ足下もじっくり見渡してみてください。

井上

少し前から、サワギキョウが見頃です。

sawagikyou130830.jpg

ただし、一番たくさん咲いているのは知床五湖の五湖対岸。(ややこしい...)

肉眼だとお花見をするのは、少々難しい距離です。

そんな時は双眼鏡。

双眼鏡越しのお花見も、な かなかオツなものですよ。

知床ネイチャーオフィス

浅井

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト