両生類の最近のブログ記事

気温の高い日は知床五湖の遊歩道を歩いていると、

元気なアマガエルの鳴き声を聞くことができます。

カエルの季節です。

150614_japanesetreefrog.jpg

(かわいい後ろ姿)

 

遊歩道を横切っているところに出くわすことが多いですが、

今日は木に登っている姿も見かけました。

彼らの手足の指先には丸い吸盤があるため、木登りが得意です。

(英名でも「japanese tree frog」といいます。)

田んぼで見かける印象が強いですが、樹上生活をしているカエルです。

 

見かけたら是非彼らの指先を気にしてみてください。

ただ、彼らの皮膚には毒が分泌されています。

触る分には問題ないですが、触った後は手洗いを忘れずに!

 

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

先月末ブログでご紹介したエゾアカガエルとエゾサンショウウオの卵ですが、

その後が気になって様子を見に行ってきました。

150513_frogegg.jpg

水面が光ってわかりにくいですが......

150513_salamanderegg.jpg

エゾサンショウウオの卵はまだ孵っていないようですが、丸かった卵が

長細くなり、なんとなく幼生の形を成してきています。

前回見たとき、卵は黒っぽい色をしていたと思いましたが、発生が進んで

白っぽく色が変化しているのが意外でした。

そして卵塊の周辺では、

150513_tadpole.jpg

一足先に孵ったエゾアカガエルのオタマジャクシたちがほへほへと泳いでいました。

 

個人的にはサンショウウオが孵化する日が楽しみですが、

実はエゾサンショウウオの幼生はオタマジャクシも餌として食べるのです。

同じ水場で孵化したオタマジャクシにとっては災難かもしれません。

 

林道脇の小さな水たまりでも、命をめぐるドラマが始まろうとしているのです。

 

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

一昨日のこと、森を歩いていると目の前を小さな緑がぴょこんと横切りました。

よく見れば、可愛らしいアマガエル!

20140529kaeru.JPG 

そして、昨日。久々に汗をかくほどの暑い陽気の中、知床五湖ではアマガエルの大合唱がはじまっていました!!

前日までは「静かですね」と言って歩いていたのに、一日違うだけで「賑やかですね」に早変わり。

 

エゾアカガエルの卵がいっぱい産み付けられていた五湖の展望地付近も、

オタマジャクシたちが一気に動き出してこちらも賑やか。

寒さにより一部には卵のまま命を落としてしまったものもいますが、

シャーベット状になった湖でここの子たちは全滅ではないかと危ぶんだ日を思えば!

無事に生まれおたまじゃくしたちの多さになんだかほっとしてしまいました。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

昨日の皆さまの念と井上の「晴れろ~」が効いたのか、本日はとってもよいお天気。

私も今日、知床五湖に行ってきました。

入口近くでは水芭蕉も咲き始め、雪解けの水音があちらこちらで聞こえてきます。

20140511goko1.JPG

小鳥の声に耳を澄ませ、湿地際の残雪を駆け抜けたエゾリスに盛り上がり、

一つ目にたどり着いた五湖では(遊歩道に入る前から実は賑やかだった)エゾアカガエルがとってもたくさん!!!!

警戒心の強い彼らですが、大慌てをするも全く隠れきれておらず、卵の海でもじもじ、もぞもぞ。

20140511goko2.JPG

・・・湖と山並みをそっちのけで思わず全員見入ってしまいました。

もちろん、眺めは文句なしです!

20140511goko3.JPG

この後も新緑の季節に向けて日々変化していく目の離せない時期です。

浮かれ気味なガイドになってしまうかもしれませんが、ぜひ一緒に楽しんでくださいね!

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

先日、何か鳥がいないかなー?と窓を全開にして車を走らせていると、

とっても久しぶりな声がしました!ちょっと高めの、(多すぎなければ?)かわいらしい、

エゾアカガエルの声!!

嬉しくなったのでこっそり近づくと・・・

 

・・・・・・・・・・誰もいなくなりました。

水面の小さな波紋もすぐに消え、ぷかりと揺れる卵塊。

20140426ezoaka1.JPG

枯れ葉の下に隠れたて出てこないカエルたち。

(上の写真にはカエルも写っているのですが、わかりますか?)

 

鳴きまねに挑戦したり、

岩に身を寄せて擬態(のつもり)をしたり、

隣の池から声が聞こえてきても身動きもせず待機。

あ、小さな頭がのぞ(思わずピクリと反応)・・・・・・・・・・いなくなりました。

 

・・・・・・鳴き声をマスターする日はまだまだ遠いようです。

その場を離れたらすぐに鳴き始めました。さすがです。

 

(答)

親(カエルさん)の居場所はここでした!赤丸のところです!↓

20140426ezoaka2.JPG

知床ネイチャーオフィス

佐々木

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト