キタキツネの最近のブログ記事

(と、いうセリフはもちろんイメージですが。)

最近、走るキタキツネの口によく獲物がくわえられています。

今回はネズミ2匹でした。

  150525fox1.JPG

 軽やかに走っていると思ったらピタっと静止。

ネズミ(※捕獲済)を地面にちゃんと置いて。藪をにらんで。

  150525fox2.JPG

ジャンプ!!!

  150525fox3.JPG

&ゲット!!!

  150525fox4.JPG

お見事。

再びしっかりくわえて軽やかに走り去っていきました。

 

生まれた子供たちがすくすくと育っているであろうこの時期、

キタキツネたちは毎日せっせとご飯運びに勤しんでいます。

(先日はもっと大量のネズミをまとめてくわえていたとの目撃もあります)

このキツネにもおそらく家族がいるのでしょう。

たくさんくわえて走るその瞬間は少なからずウキウキとした気持ちがあるのかも、

などと勝手に狐家族を想像しながら見送りました。

 

道路近くを走っていることが多いですので、お車でお越しの方は気を付けてくださいね。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

車を走らせている最中、遠くで何やら餌を探している様子の獣を発見。

黒っぽい外見にあれはタヌキ?ひょっとしてクマ???と双眼鏡を覗いてみたところ。

150409_redfoxblack.jpg

 

何と、黒いキツネでした。

顔の黒っぽい部分がそこはかとなくタヌキにも似ているのですが、

尻尾を見ると確かにキツネ。

北海道に生息するキタキツネ、本州で見られるホンドギツネは、

どちらもユーラシア大陸に広く分布するアカギツネの亜種ですが、

アカギツネの中には時折黒い毛色の個体(所謂ギンギツネ)が見られます。

この個体は赤い毛の部分もあるのでギンギツネと呼べるかどうかは疑問ですが、

黒化型のキツネとみてよさそうです。

150409_redfoxblack2.jpg

こちらに気付くとトコトコと去って行ってしまいました。

邪魔してごめんね。

 

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

本日はぽかぽかの良いお天気。

暖かな日差しの中、キタキツネが次々と眠気に襲われていました。

始めから道路で眠りこけて、車の接近に気が付いて「は!」っと目を覚ましたり、

中には道路近くを歩いていたと思ったら座り込み、そのまま大あくび。

20150315fox.JPG

更にそのまま居眠りをはじめるのんきなキタキツネまで!

暁ではなく真昼間ですが、暖かな日差しに眠気を覚えることは、

厳しい季節を超えた動物にとっても安らぎの時間であったりするのかも、と。

そんなことを思いました。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

 

私も会えました!!覚めましておめでとうございます!

20150315bear.JPG

 

 

今朝の道路わきに居たキタキツネ。

身体がかゆいのか、全身を毛づくろいしていました。

141209shibata.JPG

まだフカフカの冬毛ではないようなので、

冬毛が生えてきてかゆいのかな?

全身フカフカの姿が楽しみです。

知床ネイチャーオフィス

柴田

最近は、散策中にリスやネズミの仲間によく出会います。

今がチャンス!と私もリスを探しに森にでかけて行くことが多くなっています。

 

先日、「いないなぁ、いないなぁ~」とリス探しをしながら歩いていると、

おそらく私と同じ目的で散策(?)中のキタキツネに出会いました。

私たちにとってかわいい生き物も、彼らには立派ななごちそうです。

 

20141110kitsune1.JPG 

狙いを定めて・・・

 

20141110kitsune2.JPG 

ガサガサッ!と飛び込んで・・・

 

20141110kitsune3.JPG 

無事獲物をゲットしたようでした。!

 

ドングリが豊作になることによって、それをエサとする小動物たちが活発に活動する。

そしてその小動物たちを狙ってキツネも元気に動き回る。

もちろん話はそんなに単純ではないのですが、

改めて生態系の繋がり(の一部)を感じた一日でした。

 

知床ネイチャーオフィス

井上

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト