ヒグマの最近のブログ記事

一昨日、ウトロでは今シーズン初のヒグマ目撃情報がありました。

いよいよこの季節がやってきたか...と思いつつ出かけたツアーでは、

雪原に残された真新しいクマの足跡を見かけました。

結局、この足跡の主(であろう)クマたちも目撃しました。この時期彼らは断崖沿いの草原で

シカを追いかけていることもあり、散策の際は注意が必要です。

季節が巡ってヒグマが動き出した新たなシーズン、身が引き締まる思いの一日なのでした。

150314_bearfootprint.jpg

うっすら雪が積もった少し古い足跡

 

150314_bearfootprint2.jpg

まだ新しい足跡

 

※ヒグマを目撃した際は、慌てず、騒がす、十分な距離をとって

ゆっくりとその場から離れましょう。

知床ネイチャーオフィス

角屋

 

 

知床五湖一周をしてきました!(他スタッフは散策済みですが私は今期初)

GWの積雪の影響により遊歩道はまだまだ雪の中。

そのため、今だけなんと長靴+スノーシューでご案内しています!!(冬!?)

春にこれだけ雪に包まれた知床五湖を歩く機会はなかなかないぞ、とお客様に負けずわくわくとしながら散策開始♪

20130514goko.JPG

森の中にある五湖や四湖はほとんどがシャーベット状の湖面(上の写真は五湖)。

日の当たる面積の多い二湖や三湖もまだシャーベット部分がたくさん残っています。

全体に水面が溶けているのは一湖のみです。

20130514asiato.JPG

道連れはヒグマの足跡!

ルート上にずっとついているので、「ヒグマの足跡を追って森歩き♪」の気分を味わいました。

他にも、エゾシカ、キタキツネ、エゾクロテン、エゾリスの新しい足跡も見られましたよ!

雪だからこそ、動物たちの痕跡がとってもよくわかります。

気温が上がれば雪はすぐになくなってしまいますので、あと僅かなチャンスを楽しみたいと思います♪

(近日中にお越しの方はぜひ♪)

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

【情報】知床峠は現在も除雪が進められていますが、今日現在、開通の目途はたっていません。

日本列島の広い範囲で雪を降らせた今回の寒波。

知床では雪はやみましたが、今なお強い北風が吹いています。

121210nami.JPG

そんな荒れた海の上空には、カモメの大群が舞い、いっこうに数が減りません。

もしかしたらまたイワシが打ち上がっているかもしれないと思い、

浜辺へ下りてみると

121210ashiato.JPG

今日の雨でかなりとけて幅が広がっていますが

ヒグマの足跡が点々とついていました。

風をしのげる森から北風の吹きすさぶ浜へ、イワシを食べに来たのでしょうか?

「無事に冬を越してね」と願いつつ、1匹だけ落ちていたイワシは拾わずに帰りました。

(足跡をたどると、どうやらネイチャーオフィスの前を通って浜へ出たようでした 浅井)

知床ネイチャーオフィス

先日、知床五湖の遊歩道上に大きな落し物。

落とし主は言わずと知れたヒグマさん。

 

午前中に見たときはしっかりと原形を保っていたのですが(写真を取り損ねたのが悔やまれる・・・)、

午後になるとご覧の有り様。

 

20121028kumahun.jpg

 

場所が問題でしたね。

展望地すぐそばの遊歩道ど真ん中!

良い景色に目をとられつつ、多くの方が踏んでいかれたようです。

なかなか踏む機会のないヒグマのフン。

そんなウンをつけて行かれた方、良かった・・・です・・・よね?

 

私たちガイドにとっては貴重な生の痕跡。

ぜひ次回は、もうすこ~しだけでも道の脇に、お願いしますね。

 

知床ネイチャーオフィス

井上

先日森の中を散策中、きれいに黒く熟したヤマブドウの実を発見。

さてどこから落ちてきたのかと周りを眺めてみると、

すぐ近くのトドマツに立派なヤマブドウのツルが巻きついているではありませんか。

秋だなぁ、と思いつつ樹の周囲をふらふらと眺めていると・・・

 

!!!

 

20120930tsumeato.jpg

樹の裏側にはオレンジの平行線が!

 

色といいツヤ?といい、かなり新しいクマの爪痕がついていました。

あのヤマブドウもこのクマが落としていったのかな、と思うと

その確かな存在感に緊張感が増す半面、ワクワクする気持ちもわき上がってきます。

 

よく見るとこのトドマツ、古い爪痕もちらほらと見られました。

通いつけの樹だったのかな?

 

お待ちかねの秋の実り、来たる冬に備えてしっかり召し上がれ。

 

知床ネイチャーオフィス

井上

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト