野生動物の最近のブログ記事

数日前から知床五湖の二湖に現れるようになった

生き物が写真のどこにいるかおわかりになりますか?

150806umiu.JPG

よーく見ると...

150806umiu2.JPG

何かが岩の上にいますね。

さらに拡大すると...

150806umiu3.JPG

あらっ、姿がはっきり。

アオサギ...ではなくウミウがいますね。

あまり見られないウミウとカイツブリのセット。

今しか見れない光景です?

知床ネイチャーオフィス

柴田

 

芽生え始めたと思った新緑が、

ここ1週間ほどで一気に質量を増してきたような気がします。

森の中ではあちらこちらで競うように、キビタキの歌声が聞こえてきます。

 

緑の中、黒と黄色が美しいキビタキのオス。

葉が茂り、少し見つけにくくなってきましたが、声を頼りにこの姿を見つけられると嬉しくなります。

聞き惚れていると急に飛び去ってしまい、ブブブブ!と蜂のような低音が聞こえました。

キビタキのオスが威嚇の際に出す音です。

ライバルとの戦いでしょうか。どっちもがんばれ!

 

キビタキとは関係ないのですが、

昨夜は今年に入って初めて窓を開けて寝ました。

涼しい夜風を感じつつエゾセンニュウの声をBGMに就寝。

3時半過ぎ、だんだんと鳥の声が賑やかになって、眼が覚めました。

(でも、寝足りないし肌寒いしにぎやかすぎたので窓を閉めて寝てしまいました←台無し

そのあと雨が降り出したので、鳥たちの声のおかげで部屋が濡れずに済んだようなものです。

予報をすっかり忘れていた私。鳥たちに、感謝。)

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

(と、いうセリフはもちろんイメージですが。)

最近、走るキタキツネの口によく獲物がくわえられています。

今回はネズミ2匹でした。

  150525fox1.JPG

 軽やかに走っていると思ったらピタっと静止。

ネズミ(※捕獲済)を地面にちゃんと置いて。藪をにらんで。

  150525fox2.JPG

ジャンプ!!!

  150525fox3.JPG

&ゲット!!!

  150525fox4.JPG

お見事。

再びしっかりくわえて軽やかに走り去っていきました。

 

生まれた子供たちがすくすくと育っているであろうこの時期、

キタキツネたちは毎日せっせとご飯運びに勤しんでいます。

(先日はもっと大量のネズミをまとめてくわえていたとの目撃もあります)

このキツネにもおそらく家族がいるのでしょう。

たくさんくわえて走るその瞬間は少なからずウキウキとした気持ちがあるのかも、

などと勝手に狐家族を想像しながら見送りました。

 

道路近くを走っていることが多いですので、お車でお越しの方は気を付けてくださいね。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

知床五湖にいつも見かけないお客様がいます。

枯草の中で目立つ純白の羽の、おそらく「チュウサギ」です。

20150505sagi.JPG

本州に居た頃はよく近所の河川で白いサギを見かけましたが、北海道に来てからはほとんど見ていません。

なんだか新鮮です。

 

「白鷺」とよく言いますが、実はそのままの名前のサギはいません。

ダイサギ、チュウサギ、コサギ、などの白いサギをまとめて呼んでいます。

中でも、チュウサギは全国的にも数が減っている種類。

いつも出会える鳥ではありませんので、

ここしばらくで知床五湖へお越しの皆さまはぜひ二湖周辺で黒い大きな動物だけでなく、

白い鳥を探してみてください!

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

ちょこまかとエゾヤチネズミが走り回っていた場所で、

今日は違う動物がちょこまかと走り回っていました。

ヤチネズミ以上に素早く、行ったり来たり、出たり入ったり・・・なんと!

20150430ii.JPG

キタイイズナでした!!!!

冬毛は真っ白のはずなのですが、すっかり夏毛の茶色になっていました。

 

全長約16-7センチと小さな体ながら、ネズミなどを捕えて食べるハンターです。

走り回るエゾヤチネズミを狙ってでてきたのでしょう。

ドングリ豊作→ネズミ大喜び→イイズナ大喜び!ということでしょうか。

生き物たちの繋がりを感じます・・・と、まともぶってみても、

見た瞬間の心はただの大喜び!!でした(笑)

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト