オシンコシンの滝の最近のブログ記事

段々と寒く、白く なってきた知床で、

こんな時期だからこそすくすくと成長しているもの・・・と、言えば「滝」です!

寒さが続くとどうなっているか、どのくらい凍っているのか、気になってしまいます。

ここ数日で見てきたところをいくつかご報告しておきます。

 

まずは、フレペの滝。

20141214hurepe.JPG

そのまま原生林にも行ってみました。

20140114taki.JPG 

最後に、オシンコシンの滝。さすがの迫力です。

(足元が大変滑りやすいので要注意。)

20140114taki2.JPG 

 

どこも寒くなってきただけのことはあり、なかなか良い具合になってきています。

断崖近くは特に風が寒く感じる場所なのに、つい長居をしてしまって手が痛いほどに冷えてしまいました。

もうすぐ冬のプログラムも開始です。

さて、準備運動をしておかなければ!!

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

7日の12:00から通行止めとなっていたウトロ~斜里間の国道が、朝から通行可能となりました。

ただし、嵐の爪痕は凄まじく、オシンコシンの滝の駐車場は崩れた土砂で埋まり

駐車場前の国道も片側通行になっています。

osinkosin130408.jpg

土砂に電線と木が流され、国道ギリギリまで押し寄せています。

安全対策を含めた復旧には、時間がかかるかもしれません。

そして、オシンコシンの滝の上に繋がる旧国道は、

horaku130408.JPG

asufaruto130408.jpg

道の一部が崩落しています。

ちょうど、冬の動物ウォッチングでワシの観察をする際に使う駐車帯の真上ですので、

駐車帯は立ち入り禁止、旧国道も通行止めとなっています。

まだ、雨は降り続いていますので、現場で作業をされている方には

十分にお気を付けいただきたいです。

また、今晩からは吹き返しの強い北風が吹く予報ですので、

国道はまた通行止めになるかもしれません。

引き続き注意が必要です。

動画でも様子がご覧いただけます。動画はこちら。


知床ネイチャーオフィス

浅井

現在、ウトロはオロンコ岩特設会場にて、3月12日まで毎日開催中の「オーロラファンタジー」。

寒い知床の夜ですが、ウトロの町すぐそばに会場があるため、多くの方にご覧いただいております。

 

しかし、このオーロラファンタジー以外にも、もう一か所色鮮やかなライトアップがされている場所があること、ご存じでしょうか?

その場所がこちら。

20130228oronko1.jpg

 

斜里からウトロまでの国道沿いに見られるオシンコシンの滝です。

ウトロに来られる前におそらく全ての方が目にすることだろうと思います。

 

ここが夜になるとどうなるかというと・・・

 

こうなります!

20130228oronko2.jpg

 

流れ落ちる滝と、所々にできたつららや雪、それらがキレイに彩られています。

ウトロからは少し距離があるため、ライトアップの存在すら知らない方も多いのではないでしょうか。オーロラファンタジーと同じ期間、3月12日までライトアップされています。

車でお越しの方、長い冬の夜です、せっかくですので少し足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

その際、運転は十分お気をつけて!

 

知床ネイチャーオフィス

井上

100523-1.JPG

一気に芽吹きが進んできましたね~。雪代で増水した川と周辺の淡い緑は、この時期を象徴する景色です。

100523-2.JPG

「オシンコシンの滝」の流れも豪快。流れの白と周辺の緑が、青空に映えます。

南寄りの風が強く吹き、桜の花と「春」は終焉を迎えようとしていますが、途切れることなく「新緑」の季節に入れ替わっていきます。

日に日に進む雪解けと芽吹き。一刻ごとに進む自然の変化に、目が離せません。

 

おまけ ↓↓↓

 

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト