流氷の最近のブログ記事

本日、事務所から今シーズン初の流氷確認と思ったら、その日の内に接岸してしまいました。

という内容を含め、流氷情報については「流氷最新情報ブログ」にてお伝えしています。

今回は、今日の流氷接近~接岸の詳しい様子を番外編としてご案内します。

 

朝の内は、高台の上からは流氷が帯状に広がっているのが確認できましたが、

事務所前からはこんな感じに見えていました。 

20150119seaice1.JPG

(9:40頃)

 

その後、しばらく目を離して再度海を見てみると、

「あれ?さっきより少し近づいてる?」と感じることがしばしば。

この写真の範囲では、まだ大きな動きはないでしょうか。 

20150119seaice2.JPG

(10:40頃)

 

だいたいこの時間頃から、岸に近づいてくるスピードが速くなっていたように思います。

じわじわ、じわじわと・・・。 

20150119seaice3.JPG

(11:10頃)

 

ここから先は本当にあっという間でした。

一本電話を受けて、終わる頃には景色が変わっているほど。

気づいたら、もうほら、接岸しちゃいました。 

20150119seaice4.JPG

(11:40頃)

 

「風向きや潮の流れによって一気に動くこともあるんですよ」

とよくご案内していますが、今回が正にそんな感じ。

ものの2時間でがらっと冬バージョンの景色に変わってしまいました。

※もっとも、そのあまりの動きの早さにびっくりしたのは、

 私たち人間だけではなかったようですが。

 

まだ「ぎゅっと詰まった」感じではないため、天候に左右されやすそうな流氷です。

今後の動きに目が離せません。

 

知床ネイチャーオフィス

井上

「皆さまご覧になって!オホーツクの海に、純白の白鳥が!」

swan130401.JPG

かなり無理がありますでしょうか...

昨日、今日とちょっぴり冷たい北風が吹いたウトロ。

一旦見えなくなっていた流氷が、帰って来ました。

特に今日は、あれよあれよと流氷帯が寄ってきて、事務所からは見えませんでしたが、

接岸した場所もあったのではないでしょうか。

ryuhyotai 030401.JPG

(お昼ごろの様子。この後、更に寄りました。)

そんな海は今、どのようになっているのかというと

umi030401.JPG

分かりますでしょうか?もやっとしています。

流氷が溶けた真水に近い水と、塩分を含む海水が混ざり合って、

アイスコーヒーにガムシシロップをたらしたけれど、なかなか混ざらない!といった様子でした。

海水は手がジンとするほど冷たく、でも舐めてみると余りしょっぱくはありません。

流氷が塩分を排出しながら凍り、凍った氷の部分は水に近いと改めて実感します。

流氷がまた去っても、流氷が育んでくれた豊かな海はずっとここにある

そんなことを感じさせる春のオホーツク海です。

 

(少々説明をはしょりましたので、意味の分からなかった方は、ぜひ知床へお越しください。 浅井)

知床ネイチャーオフィス

 

 

お待たせいたしました。

やっとこさ流氷がびしっと接岸しました!

 

120128-01.JPG流氷がウトロで確認されてからやっとだね~といった感があります。

知床は他の場所と違って流氷の影響でこれから気温が下がります。

これからが楽しみだーー!

 

 

(今シーズン、スノーボードの滑りの調子が良く、気分ものっている もっくんby小林)

知床ネイチャーオフィス

 

 

報道では網走、羅臼は流氷がありすぎ、観光船が出航できない状況になったり、なっているようですが、

ウトロの流氷はというと、流氷最新情報に詳しく載っておりますのでここでの詳細は省きますが、

流氷の動きに悩まされ気味......。

 

天気が晴れた場合、斜里の海岸から知床半島方面を見ますとこんな感じ。

110218-01.JPG海岸沿いの流氷はびっしりで迫力満点。

山も綺麗で気分は最高。早くウトロに行きたくなりますが......、

ウトロに近づくと流氷が緩み、海面に流氷がちょこっとだけプカプカ浮いた感じの場所も......。

 

天候、風向き、流氷の成長具合、潮の流れ、海水温などなど、

色々な要素が絡むんだと改めて感じたここ1週間の流氷の表情。

今日の夜から明日の朝にかけて強い北風の予報。

ウトロに戻ってこいこい流氷達よ。

 

(今日から3日間、以前ご参加下さった方向けのプログラムを開催。

  お客さん以上に楽しんじゃおうと心密かに思う もっくんby小林)
知床ネイチャーオフィス

 

ここ数日の晴れ!

流氷原に沈む夕陽もなかなかのもんです。

110204.JPG気温が高いせいで空気中の水分が多いのか、ちょっとぼんやりしてしまっています。

ぼんやり感は逆にグラデーションが表現されこれはこれでまたよしですね。

でも気温の低いキーンと張り詰めた空気と夕陽に染まった流氷原は見たいです。

今シーズンは期待できるかな~。

 

空気中の水分の話ついでですが、

ウトロから網走方面や沖を見ますとここ数日蜃気楼が見れています。

もっと凄い蜃気楼が見られるのは流氷が離れてしまった残念な網走です。

網走から知床方面や沖を見ますと肉眼でも流氷が水平線より上に浮いているのがわかります。

方角によっては双眼鏡で覗くと伸びた建物のようなものも見えちゃいます。

 

ウトロにお越しの際は、網走の蜃気楼と、夕陽に染まる流氷をご覧あれ。

海を通して対岸同士ですが、見られる景色の違いが面白い!

 

(体重を測ったら夏の一番体重が減った時に比べ、5キロ以上増えていました。

 冬の間に2キロ強の減量を決意した もっくんby小林)
知床ネイチャーオフィス

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト