自然情報の最近のブログ記事

知床五湖を散策していたときのことです。

オオヨツスジハナカミキリの雌が何かを探してうろうろと。

150807kamikiri.JPG

よくよくお尻の方をみると産卵管が見えますね。

産卵場所を探していたようです。

150807kamikiri (2).JPG

ちょうどいい割れ目を見つけてその中へ卵を産んでいます。

150807kamikiri (3).JPG

時間の関係もあり、途中で観察をやめてしまいましたが、無事に産卵は済んだのでしょうか。

知床ネイチャーオフィス

柴田

 

知床五湖をご案内中、

大きなアブが目の前で蜘蛛の巣に引っかかりました。

お客様に知らせると同時くらいのタイミングで蜘蛛が飛びつき、

鮮やかな足さばきでアブの体をくるくるくるっと素早く回転させ、

手早く全身に糸を巻き付け、しばしの間ジッと抱え込むと

20150807kumo1.JPG

・・・ブブブブブ・・・ブブブブ・・・ブブ・・・ブ・・・

アブの羽音が停止。

その直後、蜘蛛はその体を静かに離れて巣の中央に戻っていきました。

「ユウゴハン!」

と最後にフランス人のお父さんが呟きました。

  20150807kumo2.JPG

終わった後は蜘蛛の観察。

キバナオニグモというとても美しい蜘蛛なのです。

 

その瞬間に居合わせなければ見ることのできない、

ほんの束の間に繰り広げられた生と死の攻防。

とても緊張感にあふれていて、ただただ魅入ってしまいました。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

数日前から知床五湖の二湖に現れるようになった

生き物が写真のどこにいるかおわかりになりますか?

150806umiu.JPG

よーく見ると...

150806umiu2.JPG

何かが岩の上にいますね。

さらに拡大すると...

150806umiu3.JPG

あらっ、姿がはっきり。

アオサギ...ではなくウミウがいますね。

あまり見られないウミウとカイツブリのセット。

今しか見れない光景です?

知床ネイチャーオフィス

柴田

 

今年は5月上旬からエゾハルゼミが鳴き始めていましたが、

ここ最近はエゾハルゼミの時期も終わったようで、森はひと時の静けさに包まれています。

これからの時期はエゾハルゼミの交代としてコエゾゼミが鳴き始める頃。

まだあまり鳴いてはいないですがこれからドンドン鳴き始めるので、森が賑やかになりますね。

150727semi.JPG

(高みを目指して登り続けるコエゾゼミの幼虫)

知床ネイチャーオフィス

柴田

芽生え始めたと思った新緑が、

ここ1週間ほどで一気に質量を増してきたような気がします。

森の中ではあちらこちらで競うように、キビタキの歌声が聞こえてきます。

 

緑の中、黒と黄色が美しいキビタキのオス。

葉が茂り、少し見つけにくくなってきましたが、声を頼りにこの姿を見つけられると嬉しくなります。

聞き惚れていると急に飛び去ってしまい、ブブブブ!と蜂のような低音が聞こえました。

キビタキのオスが威嚇の際に出す音です。

ライバルとの戦いでしょうか。どっちもがんばれ!

 

キビタキとは関係ないのですが、

昨夜は今年に入って初めて窓を開けて寝ました。

涼しい夜風を感じつつエゾセンニュウの声をBGMに就寝。

3時半過ぎ、だんだんと鳥の声が賑やかになって、眼が覚めました。

(でも、寝足りないし肌寒いしにぎやかすぎたので窓を閉めて寝てしまいました←台無し

そのあと雨が降り出したので、鳥たちの声のおかげで部屋が濡れずに済んだようなものです。

予報をすっかり忘れていた私。鳥たちに、感謝。)

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト