海外の最近のブログ記事

今月上〜中旬に常夏の島、ハワイへ旅行に行ってきました井上です。
そのうちハワイ島については前回お話させていただきました。

それだけで終わりにしようかとも思ったのですが、
もうひとつ訪れた「カウアイ島」もまた
ハワイ島とはまた違った素晴らしい魅力のある島でしたので、
続けてご紹介させていただきます。

「新しい島」であるハワイ島に対し、
カウアイ島は約500万年ほど前に誕生した古い島です。
20121226kauai1.jpg
その長い年月の中で、山が浸食を受けてできた見事な渓谷が大きな特徴。
のっぺりした印象だったハワイ島とは本当に別世界でした。
島中心の山頂部は、なんと世界一の降雨量を誇るそうです。
年間約12,000mmも降るという雨水が作り上げた自然の景観美ですね。

もうひとつの大きな特徴として、非常に美しいビーチがいくつもあるということ。
島の各所にはいくつもの大きなリゾートがありました。
大きなザックを背負い、ばっちりトレッキングシューズを履いた私たちには
全く縁のない場所でしたが・・・。

そんな私たちが今回目指したのは、島の北岸(ノース・ショア)にある「カララウビーチ」!
全長約17kmほどの険しい道のりを歩いて乗り越えることでしかたどり着けない秘境。
森を越え、
20121226kauai2.jpg

断崖を望む道を越え、
20121226kauai3.jpg
トレッキングというよりはまるで「探検」気分。

道中、肩にのしかかるザックの重みと道の険しさに、何度も挫けそうになるほど。
でもその苦労があるからこそ、たどり着いた時の達成感が何倍にもなるのでしょう。
20121226kauai4.jpg
美しいビーチに青く澄んだ海、そのすぐ背にはそびえ立つ渓谷。
「秘境」と呼ぶにふさわしい、心穏やかになれる素敵な場所でした。

脚と体力に自身のある方、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
20121226kauai5.jpg

井上

寒さも深まり冬の気配が濃くなる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は、今月上旬~中旬にかけ自然ガイド3人連れだってハワイに旅行に行っていました!

 

とはいえ、なにもリゾートへバカンスに行っていたわけでも、

マラソンに行っていたわけでもありません。

(ホノルルマラソンと同時期だったこと、後で知りました)

 

それでは、どこになにをしに行っていたか?というと、

ハワイ諸島の内、「ハワイ島」、「カウアイ島」をトレッキングして回る、

という日々を過ごし、お腹いっぱいハワイの自然を堪能してきました。

ここで少しだけおすそ分け。

 

ハワイ島では、「ハワイ火山国立公園」を歩きたおしてきました!

ハワイ島は約50万年前にできた、ハワイ諸島で最も新しい島。

そのためまだまだ浸食が進んでおらず、全体としてのっぺりとした地形をしています。

20121225volcano1.jpg

中央に見えるのは、標高4,169mの「マウナ・ロア」。

地形に大きな起伏もないため、富士山より一回り大きな山もまるで丘のようにしか見えません。

写真では伝えきれないほどの、本当に大きなスケールでした。

北海道はでっかいどう、なんて言ってられませんね。

 

ほんの数年~数十年前にできた溶岩の上を歩ける場所も多くありました。

20121225volcano2.jpg

そんなに最近までここがマグマで埋め尽くされていたなんて信じられますか?

できたばかりの、地面の上を歩く。

何万年、何億年という自然のスケールからすると、

本当にできたてほやほや、「新しい島」なんだなぁと実感しました。

 

今は火山も小休止中とのことで、流れ出るマグマを直接見ることは叶わなかったのですが、

絶えず噴煙を上げ続けている火口を見ることはできました。

20121225volcano3.jpg

火山の国日本、噴煙なんてどこでも見れるよ!と思う方もいるかもしれませんが、

ここはまさに今、活発に活動中の火山。

その火口の中には、マグマがグツグツと煮えたぎっているのです。


日中にはわからないその様子、朝夕には垣間見ることができました。

20121225volcano4.jpg

まるでライトアップでもしているかのように、煌々と明るく照らされる噴煙。

もちろんその下にあるのはライトじゃなくマグマだけ!

数年後にはまたマグマが噴出し、新たな大地を形成していくのかもしれません。

その頃にまた行きたいな。

 

同じく火山活動によってできた知床半島の始まりもこんな感じだったのだろうか。

新しく作られた大地を眺めながら、遠く知床に思いを馳せるのでした。

(後編へつづく)

 

知床ネイチャーオフィス

井上

月別アーカイブ

最近のブログ記事

道東の天気

関連Webサイト