道内の最近のブログ記事

雪が本格化する前に色々行けるところにいこう!

と、いうことで秋はうろうろと動き回ることが多くなります。

振り返りになってしまいますが、まず手始めにひと月ほど前。

ずっと会いたかった動物に会ってきました。

 

ナキウサギです。

本当は山を登って探したりもしたかったのですが、今回は日程の都合あまり動かない場所に行きました。

息を殺して待つこと一時間ほどで・・・

20131107nakiusagi.JPG

無事に出会うことができました!!

しかも、すぐ横に登場してお互いびっくりしつつも、少しだけ距離を置いた後はもぐもぐと草や枝を頬張る姿まで披露。

小さな体で岩の間を出たり入ったり、活発に動き回っていました。

 

この小さな生き物が、限られた場所でたくましく生きている・・・

写真の中の存在でしかなかったナキウサギを間近に見るのは不思議な気持ちがしました。

憧れだけでなく、目にする前よりずっと好きになりました。

と、同時に彼らが生きていくことの厳しさも感じられました。

小さな岩場が彼らの世界ですが、その小さな世界を守るためには本当に「世界」のことまで考えなくてはいけない。

外に出ることで改めて色々なことを考えさせられます。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

幻想的な風景を求めて!

お盆前のお休みに、ずっと見たいと思ってたホタルに逢いに網走へ行ってきました。

怪しい雲行きの中でしたが、ホタルが見やすいという「北ホタルの里」へ。

現地は駐車場にお手洗いもあり、足元には最低限の青いライトがあって、とっても親切です。

辺りを見回し、「いないのかな?」と思った途端、目の前にふわり。

  20130810.JPG

そちらへ足を向けると小さな光がたくさん飛び回っていました!!

見惚れているうちに雨が降り出してしまい、いい時に写真を撮り損ねたのが失敗!

見える範囲は狭めでしたが、星空のようにさえ思える一瞬もありました!

夏の夕涼みにはぴったりの、素敵なひと時でした。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

(一面に飛び交う蛍の写真を撮りたかった・・・!!)

 1月も10日を過ぎました。昨日11日は鏡開きでしたね。

そんな日にぴったり!お出かけした網走でお餅をたくさん見つけました。

20130111haku.JPG

白くてふっくら・・・ 

20130111haku2.JPG

と思ったらかがみびらき!(苦)ハクチョウさんでした!

とうふつ湖はほぼ全面が凍りつき、白鳥公園となっている付近だけに湖面が開いています。

昨日はオオハクチョウとホオジロカモがたくさんと、あとはマガモとカワアイサなどがいました。

それにしてもハクチョウたち、長い首をうまいことまるめてお餅になっています。

顔を羽にうずめて、寒さに耐える万全の態勢です。

彼らは温存、そして私は体力作りに励まねば!! 

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

先日動画日記にて紹介されていたあのオオハクチョウたち。

知床五湖からはいなくなってしまったようですが、彼らはどこにいってしまったのでしょう。

 

その彼ら・・・かどうかはわかりませんが、

網走にある濤沸湖(とうふつこ)では今もオオハクチョウを見ることができます。

 20121119hakucho1.JPG

 

 

2009年に道内での鳥インフルエンザの確認後は、エサやりが控えられています。

それでも以前のことを覚えているのか、自前でエサをもってきている人がいるのか、

湖畔に近づくとこちらに寄ってくるのです。

20121119hakucho2.JPG 

 

 

エサはありませんよ!

 

知床ネイチャーオフィス

井上

今年も「さくらの滝」へサクラマスの遡上を見に行ってきました。

清里町にあり、6~8月に遡上してきたサクラマスが3.7メートルほどある滝を飛び越える迫力ある姿を見られる場所です。

もうさすがに終わってしまっているかな?と思いながらの訪れでしたが、ちゃんと見られましたよ!

次から次へとかなりのハイペースでジャンプする姿を見られました。

20120829sakura1.JPG

いつも早めの6月などに来ていたのでこんなに繁殖色が出ている状態は見たことがありませんでした。

赤く染まった体で、懸命に力強く飛びあがるその姿はとても美しく見えます。

20120829sakura2.JPG

知床の川でよく見られるカラフトマスやシロザケとはまた違った命のドラマを見られる場所です。

そろそろ終盤のはずではありますが、お近くを通る際には是非寄り道してみてくださいね!

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト