鮮やかなお手並み

知床五湖をご案内中、

大きなアブが目の前で蜘蛛の巣に引っかかりました。

お客様に知らせると同時くらいのタイミングで蜘蛛が飛びつき、

鮮やかな足さばきでアブの体をくるくるくるっと素早く回転させ、

手早く全身に糸を巻き付け、しばしの間ジッと抱え込むと

20150807kumo1.JPG

・・・ブブブブブ・・・ブブブブ・・・ブブ・・・ブ・・・

アブの羽音が停止。

その直後、蜘蛛はその体を静かに離れて巣の中央に戻っていきました。

「ユウゴハン!」

と最後にフランス人のお父さんが呟きました。

  20150807kumo2.JPG

終わった後は蜘蛛の観察。

キバナオニグモというとても美しい蜘蛛なのです。

 

その瞬間に居合わせなければ見ることのできない、

ほんの束の間に繰り広げられた生と死の攻防。

とても緊張感にあふれていて、ただただ魅入ってしまいました。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sno.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2058

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト