逃げられない

昼前には流氷が接岸して、幸運な生き物、不運な生き物の姿が目につきました。

その姿の一コマを撮ったのがこちらです↓

150119ojirowasi.JPG

慌てて逃げるウミアイサ、それを見つめるオジロワシ。

どちらが幸運か不運かは、なんとなくわかりますよね。

この姿を最期に不運なウミアイサを見ることは無くなりました...。

 

今日は流氷がすごい速さで接岸したので、ウミアイサは流氷に気づくのが遅くなり、

逃げ遅れて流氷に囲まれたのでしょうか。

飛んで逃げれればいいのですが、海ガモ類は飛ぶのが少し苦手なようで、

流氷により助走等で勢いに乗って飛べなかったのかもしれません。

 

逃げ遅れたウミアイサを見つけたオジロワシも

「コイツは流氷上だと飛ぶのが苦手だから、焦らず、ゆっくり捕まえよう」

と思って見つめていたのかもしれませんね。

他にも数羽の海ガモ類が逃げ切れなく、ワシ達の餌食に。

 

流氷初日から流氷上での命のドラマは始まっています。

幸運なオジロワシにはウミアイサの分も、頑張って冬を乗り越えてもらいたいですね。

知床ネイチャーオフィス

柴田

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sno.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1933

月別アーカイブ

道東の天気

関連Webサイト